ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 仏の里・国東半島/旧千灯寺跡の五輪塔群
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

仏の里・国東半島/旧千灯寺跡の五輪塔群

印刷用ページを表示する 更新日:1994年7月1日更新

1994年7月 NEO OITA 13号

仏の里・くにさき/旧千灯寺跡の五輪塔群

説明

国見町の旧千灯寺跡周辺には今なお仁聞伝説が色濃く残っている。旧千灯寺は、天正年間、大友軍の兵火により焼け落ちたが、谷間の林の中に石垣が残っている。そこからさらに奥へいき、尾根を一つこえると、あたりには東北の海の竜王が献じたといわれる五輪塔や国東等などおびただしい石造品が群がっている。

場所

国東市国見町

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ