ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 日豊海岸のウミガメ
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

日豊海岸のウミガメ

印刷用ページを表示する 更新日:1994年8月1日更新

1994年8月号 広報おおいた

日豊海岸のウミガメ

説明

平成6年6月、旧上浦町の浦戸海岸にウミガメのものと思われる卵が約100個余り産みつけられているのを地元の人が発見した。旧上浦町役場では、早速町報に掲載し、ふ化後に子ガメが海に戻れるよう卵の保護を町民に訴えた。一方、佐伯市蒲江役場では、平成6年度から5人のウミガメ監視員を設置した。ウミガメの上陸を発見したら、直ちに役場に連絡が入る体制をとることにより、卵の盗掘防止に努めた。当時、同町内の(財)大分県マリンカルチャーセンターのふれあい水槽の中には、ウミガメの親子が泳いでいた。

場所

佐伯市上浦

カテゴリー

動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ