ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 小鹿田焼
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

小鹿田焼

印刷用ページを表示する 更新日:1994年11月1日更新

1994年11月号 広報おおいた

小鹿田焼

説明

小鹿田焼の開窯は、寛永二年(1705年)。当時天領であった日田の代官が、地元の産業奨励のため、筑前黒田藩に申入れ、小石原焼の技術・技法を取り入れた。近くの皿山でとれる陶土は、小野川の豊かな水を動力源とする唐臼でゆっくりと砕かれる。窯は「登り窯」と呼ばれるゆるやかな勾配のある連結窯である。

場所

日田市

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ