ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 豊前城下町/戦国衰史を今に伝える合元寺の赤壁
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

豊前城下町/戦国衰史を今に伝える合元寺の赤壁

印刷用ページを表示する 更新日:1994年11月1日更新

1994年11月 NEO OITA 14号

豊前城下町/戦国衰史を今に伝える合元寺の赤壁

説明

寺町にある、合元寺の赤壁は、戦国時代の哀史を今に伝えている。当時、豊前一の雄であった宇都宮鎮房の家臣たちが宿舎として与えられていた場所で、中津城内の変を知って立てこもり、黒田勢と戦い全員討ち死にした。この戦いで寺の門前の城壁は血しぶきで染まり、それ以降何度塗りなおしても血痕が浮き出てくるため、ついに赤壁に塗り替えたという。庫裏の大黒柱にはこの戦いの際の刀傷が残っている。

場所

中津市

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ