ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 建設資材再生プラントが稼働
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

建設資材再生プラントが稼働

印刷用ページを表示する 更新日:1994年12月1日更新

1994年12月号 広報おおいた

建設資材再生プラントが稼働

説明

当時、限りある資源を有効利用しようと「建設資材再生プラント」が大分市日吉原に完成、平成6年11月11日から操作を始めた。このプラントは、県、12の市・町及び経済団体などの第3セクター方式により設立された(財)大分県環境保全センターが建設したもので、建築家や道路を壊したときに生ずるコンクリートやアスファルトの塊を粉砕して再生させる。1万3千平方メートルの敷地に、クラッシャー等の破砕再生プラントが設立された。

場所

大分市

カテゴリー

商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ