ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 田染石塔
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

田染石塔

印刷用ページを表示する 更新日:1994年12月1日更新

1994年12月号 広報おおいた

田染石塔

説明

田染石塔の起源は、江戸時代末期にまで遡る。六郷満山の文化が栄えた国東半島には、田染の石工たちによる作品が数多く残っている。石材は、田染石と呼ばれる地元産出の柔らかい凝灰岩が用いられている。当時、田染石工同業組合(組合員数22名)を中心に伝統の技術を守りながら、仏像、国東塔、灯籠、仁王像等が作られていた。

場所

豊後高田市

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ