ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 田植えが終わった水田を見回るアイガモたち
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

田植えが終わった水田を見回るアイガモたち

印刷用ページを表示する 更新日:1995年3月1日更新

1995年3月 NEO OITA 16号

田植えが終わった水田を見回るアイガモたち

説明

佐伯市弥生尾岩地区では農事組合法人がアイガモを使った無農薬の特別栽培米づくりに取り組んでいる。アイガモはアヒルを鴨を交配させて生まれた新品種で、雑草や害虫を食べてくれるので無農薬の栽培に大きな力を発揮する。

場所

佐伯市

カテゴリー

動物・植物・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ