ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 「ペトロ・カスイ岐部神父記念公園」 -遠藤周作-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

「ペトロ・カスイ岐部神父記念公園」 -遠藤周作-

印刷用ページを表示する 更新日:1995年4月1日更新

1995年4月号 広報おおいた

「ペトロ・カスイ岐部神父記念公園」 -遠藤周作-

説明

「春になると梨の花が咲き、穏やかな海にかこまれたまるい小さなこの半島には、今日でも国東仏教と言われる独特の山岳仏教の寺々がある。」これは、殉教に生きた日本人の姿を書いた遠藤周作の「銃と十字架」に出てくるペトロ・カスイ岐部の出身地にかかわる記述の一節である。遠藤周作は大正12年、東京巣鴨に生まれた。神戸の少年時代、カトリック教徒の伯母の勧めでカトリックの洗礼を受ける。慶應義塾大学卒業後、フランスに留学、キリスト教作家として道を歩む。代表作「沈黙」のほか、大友宗麟の生涯を描いた「王の挽歌」がある。(写真は国見町のペトロ・カスイ岐部神父記念公園)

場所

国東市国見町

カテゴリー

施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ