ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 高島のウミネコ
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

高島のウミネコ

印刷用ページを表示する 更新日:1995年7月1日更新

1995年7月号 広報おおいた

高島のウミネコ

説明

佐賀関の港から、渡し船で15分ほど行くと、高島の東北端にたどり着く。島に接近して3つの小島が並ぶ。このあたり一帯は、ウミネコの営巣地。「ミャオ、ミャオ」、名前のとおり、猫のような鳴き声。白い石灰岩からなる断崖には、ウミネコがズラリ。まさにウミネコの島というにふさわしい。カモメ科に属し、体長は約43センチ。全体的に白色だが、足とくちばしは黄色を帯び、くちばしの先端は赤。

場所

佐賀関町

カテゴリー

動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ