ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 鏝絵(こてえ) -宇佐市安心院町-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

鏝絵(こてえ) -宇佐市安心院町-

印刷用ページを表示する 更新日:1996年3月1日更新

1996年3月号 広報おおいた

鏝絵(こてえ) -宇佐市安心院町-

説明

鏝絵とは漆喰壁に左官が鏝で白土や色土を浮彫りにして絵画的に表現したものである。江戸時代、日出藩主木下侯が参勤交代で江戸に上った時、壁大工青柳鯉市も従って、鏝絵名人伊豆長八の仕事を見て、その技法を学び帰国してそれを拡め、安心院の地にもそれが伝わったといわれている。

場所

宇佐市安心院町

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ