ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 緒方川周辺の水田と集落景観
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

緒方川周辺の水田と集落景観

印刷用ページを表示する 更新日:1996年7月1日更新

1996年7月号 広報おおいた

緒方川周辺の水田と集落景観

説明

豊肥本線を大野川沿いに遡り、牧口を過ぎると眼前に田植えを終えたばかりの水田が開けてくる。さすがに米どころの豊後大野市緒方町である。豊かな自然に包まれた明るい農村風景が展開する。文禄2年(1593)中川秀成が岡藩七万石の藩主として入部、江戸時代には豊後大野市緒方町も岡藩領としてその支配下にあった。緒方川の水を引き込む井路は寛文11年(1671)に完成したといわれる。その井路のおかげで、現代まで日照りの続く年でも田畑を潤し豊作をもたらしている

場所

豊後大野市緒方町

カテゴリー

農業・街並み

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ