ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 鶴見崎の断崖絶壁 -九州最東端の岬・鶴御崎-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

鶴見崎の断崖絶壁 -九州最東端の岬・鶴御崎-

印刷用ページを表示する 更新日:1996年9月1日更新

1996年9月 NEO OITA 21号

鶴見崎の断崖絶壁 -九州最東端の岬・鶴御崎-

説明

九州の一番東の端は、竜の頭のようにのびた鶴見半島の先っちょである。東経132度5分、九州で最初に太陽が昇る位置にある鶴御崎(つるみざき)を海から見上げてみると、200メートルもの高さの断崖絶壁がのしかかるように迫ってくる。

場所

佐伯市鶴見

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ