ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 下郷地区にある「相良家本家」 -耶馬溪町-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

下郷地区にある「相良家本家」 -耶馬溪町-

印刷用ページを表示する 更新日:1996年11月1日更新

1996年11月号 広報おおいた

下郷地区にある「相良家本家」 -耶馬溪町-

説明

下郷に入ると国道から白い板塀に囲まれた大型のかやぶき屋根が見えてくる。かつて島村の庄屋職であったら相良家住宅である。軒高の高い2メートル以上の軒桁を支える出桁椀木の持送りの持つ迫力は堂々たる風格を感じさせる。室内に入ると、土間上の大材をくみ上げた小屋裏や広間境の大黒柱、竹の簀子天井や差し物に打ち込まれた百姓一揆のナタ傷にこの家の歴史が刻まれている。山国川畔の相良家周辺の景観は下郷地区の原風景として心に残る村並みを作っている。

場所

耶馬渓町

カテゴリー

施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ