ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 柱状節理の縦縞模様(竜門の滝)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

柱状節理の縦縞模様(竜門の滝)

印刷用ページを表示する 更新日:1996年12月1日更新

1996年12月 NEO OITA 22号

柱状節理の縦縞模様(竜門の滝)

説明

岩肌を滑り降りる「滝すべり」で有名な竜門の滝。付近は筑紫溶岩と呼ばれる100万年前の火山活動で噴出した溶岩台地の一部である。その岩に柱状節理という縦方向に長い柱のように規則正しい割れ目が見られる。火山で噴出した岩が冷却して収縮するときなどに、岩内部に力が働いて割れ目が生じるという。自然の造形美に驚かされる。

場所

九重町

カテゴリー

山・川

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ