ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 津久見産石灰岩・胡麻柄山の採掘現場
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

津久見産石灰岩・胡麻柄山の採掘現場

印刷用ページを表示する 更新日:1996年12月1日更新

1996年12月 NEO OITA 22号

津久見産石灰岩・胡麻柄山の採掘現場

説明

津久見市では日本一の石灰高山を見ることができる。幅1~2キロメートル、海岸から20キロメートルにわたって続き、当時の推定埋蔵量は45億トン。良質の石灰岩は白く輝く粒がきれいな乳白色の岩である。装飾用石材の大理石は、石灰岩が変性し再結晶したもので、成分は同じだから、きれいなはずだ。津久見産石灰岩は純度が高く、非結晶質塊状の超優良鉱である。写真は、胡麻柄山の採掘現場。

場所

津久見市

カテゴリー

山・商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ