ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 上海に向け、コンテナ航路開設
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

上海に向け、コンテナ航路開設

印刷用ページを表示する 更新日:1997年8月1日更新

1997年8月号 広報おおいた

上海に向け、コンテナ航路開設

説明

当時、大在コンテナターミナルのオープンを機に、アジアへの玄関口としての重要性が高まっていた大分港に、平成9年、新たにコンテナ貨物定期航路が開設された。この航路は、中国の民生神原海運有限公司によるものだった。大分~釜山(2航路)、大分~東南アジアに続く4つ目の航路として、上海、大分、広島県福山、岡山県水島を結んだ。

場所

大分市

カテゴリー

商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ