ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 「笹無田石拱(せっこう)橋」 -竹田市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

「笹無田石拱(せっこう)橋」 -竹田市-

印刷用ページを表示する 更新日:1997年10月1日更新

1997年10月 NEO OITA 25号

「笹無田石拱(せっこう)橋」 -竹田市-

説明

大正4年永久構造物として石橋の建設が始まった。農閑期のわずか5ヶ月での、すべて人力に頼る当時の建設作業は、かなり過酷なものだったと推測される。突貫工事の末、翌年5月に完成したが、通水から5日目にして台座だけを残して大音響とともに崩壊してしまう。大正5年10月、再度工事に着手。工事監督を厳格にし、小学校校庭に実測図面を書き石材の一つずつを吟味しながら二度と失敗を許さない態勢で臨んだ。翌年5月、ついに巨大な石橋が完成。国道とJR豊肥線に平行して、一段高い位置に見上げられる笹無田石拱(せっこう)橋は今なお健在で、その雄姿はつたに囲まれ風格さえ感じさせる。

場所

竹田市

カテゴリー

施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ