ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 明治岡本井路の石垣水路 -登録文化財指定-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

明治岡本井路の石垣水路 -登録文化財指定-

印刷用ページを表示する 更新日:1997年10月1日更新

1997年10月 NEO OITA 25号

明治岡本井路の石垣水路 -登録文化財指定-

説明

明治岡本井路は、大野川の支流である稲葉川から取水し、本渠(6,480メートル)と明治支渠(6,660メートル)、岡本支渠(8,344メートル)などからなり、約700ヘクタールの耕地に水を供給している。特徴的なのは、竹田市鬼田地区の台地の尾根上に延長約240メートルにわたって高さ3.5から5.5メートル石垣水路(登録文化財指定)が築かれていることである。

場所

竹田市

カテゴリー

農業・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ