ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 六ヶ迫(ろっかさこ)鉱泉 -臼杵市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

六ヶ迫(ろっかさこ)鉱泉 -臼杵市-

印刷用ページを表示する 更新日:2002年8月1日更新

2002年8月 NEO OITA 45号

六ヶ迫(ろっかさこ)鉱泉 -臼杵市-

説明

「しらさぎ荘」の浴槽。六ヶ迫鉱泉の始まりは江戸時代と言われている。足をけがした一羽の白鷺(しらさぎ)が来る日も来る日も田園の水たまりにつかっていた。半月後、白鷺の傷はすっかり癒え、どこへともなく飛び去った。そこは「鷺来ヶ迫」と名付けられたが、「鷺来(ろく)に「六」の字をあてて今の名称になった。なんとも神秘的な話だ。

場所

場所:臼杵市

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ