ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大分県雨量・水位情報土砂災害危険度情報避難者情報に関するサイン災害時のサイレン音県民安全・安心メール防災アドバイザー派遣します

由布岳・鶴見岳及び九重連山登山規制情報

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月21日更新

登山規制情報

登山を行う際は十分注意してください。

由布岳・鶴見岳等

●別府市からの情報を掲載します。

由布岳・鶴見岳外登山規制情報(第三報)平成30年9月13日現在

 2016年に発生した熊本地震から2年が経過し、各登山ルートの状況も概ね安定しましたので、下記情報をお知らせします。なお、登山には常に危険が伴いますので、登山をする際には、落石等に十分注意し、以下のルールを遵守してください。

 1 登山道入口にある登山届に必ず記帳のうえ登山すること。なお、登山ガイド等を携行すること。
 2 単独での登山は避け、グループで登山すること。
 3 不測の事態に備えて、携帯電話を準備しておくこと。(山中では、一部通信できない箇所があります。)
   また、雨具、防寒具、食料、水分等十分な装備をすること。
 4 危険な箇所に近寄らないこと。また、落石等に十分注意すること。
 5 事前の気象情報を確認し、登山途中で大雨等気象が急変した場合は、引き返すこと。
名 称登山規制ルート規制レベル備 考
由布岳正面登山口⇔合野越⇔マタエ登山可能東峰頂上標柱付近には、空洞があります。また、トラロープを張った付近には、近づかないでください。
マタエ⇔東峰、西峰崩落、地割れ、亀裂箇所があります。十分な注意が必要です。
由布岳頂上 東峰⇔西峰(お鉢巡り)
剣ノ峰⇔東峰、西峰(お鉢巡り)
大崩近辺(お鉢巡り)
西登山口⇔飯盛ヶ城⇔合野越⇔マタエ登山可能
東登山口⇔日向越⇔日向岳⇔合野越⇔マタエ登山可能ですが、日向越・日向岳ルートは、遭難が多い状況です。
東登山口⇔日向越⇔剣ノ峰(山頂)登山可能
鶴見岳旗ノ台⇔御嶽権現神社⇔鶴見岳頂上    (一気登山道)登山可能

*注1 馬ノ背から船底までの縦走路ルート(旧ルート)は、崩壊がさらに進んでおり大変危険です。 滑落のおそれがあるため絶対に行かないでください。

旗ノ台⇔御嶽権現神社⇔南登山道⇔踊り石⇔馬ノ背⇔鶴見岳頂上
鶴見岳頂上⇔南平台⇔西登山口
馬ノ背⇔鞍ヶ戸⇔船底(旧ルート)  *注1登山道が崩壊し通行不能
馬ノ背から西登山口方面に迂回し船底へ  (新ルート)登山情報図面 紫色線登山可能
船底⇔内山⇔塚原越登山可能
別府ロープウェイ平常運転 
別府ロープウェイ山頂駅⇔鶴見岳頂上登山可能
鶴見岳内の林道登山可能大型車両の通行に注意してください。
内山大平山(扇山)頂上⇔内山頂上登山道が崩壊し通行不能登山ルートの崩壊がさらに進んでおり大変危険です。      *滑落のおそれがあるため絶対に行かないでください。
問合せ先名 称 電話番号備 考
大分森林管理署097-532-9281 
大分西部森林管理署0973-23-2161 
由布・鶴見岳自然休養林保護管理協議会0977-21-1133別府市農林水産課内
由布市湯布院地域振興課0977-84-3111 

由布岳・鶴見岳登山道

九重連山

●環境省九州地方環境事務所くじゅう自然保護官事務所からの情報を掲載します。
30通れない登山道 
※久住山赤川登山道は、平成30年7月豪雨の影響で、木階段の踏面土砂が流出した区間がありますので、通行の際は足元に十分注意ください。
問い合わせ先  長者原ビジターセンター Tel:0973-79-2154