ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災対策企画課 > 防災講演会「大分県の活断層と地震を考える」の開催について

防災講演会「大分県の活断層と地震を考える」の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月15日更新

 平成28年の熊本地震や6月18日の大阪北部地震と日本国内で大きな地震が頻繁に発生しています。そのような中、大分県内の活断層についても、最新の科学的知見が多く発表されていますが、専門的で一般県民には分かりづらいことから、これら活断層のリスクについて正しく恐れるため、有識者による講演会を「防災の日」に当たる9月1日(土)に、開催します。

日時

  平成30年9月1日(土) 14時00分から16時00分(開場13時30分~)

  ※事前のお申し込みは不要です。
  ※荒天(台風や大雨)が予想される場合は、中止することがありますのでご了承ください。
    中止の場合は前日(31日)に、防災対策企画課のページ(http://www.pref.oita.jp/site/bosaitaisaku/)でお知らせします。

場所

  J:COMホルトホール大分 3階 大会議室

内容

講演1  

  「記録からわかる大分の活断層と地震」

   大分県立先哲史料館主幹研究員   櫻井 成昭 氏

講演2  

  「別府-万年山断層帯(大分平野-由布院断層帯東部)における重点的な調査観測からわかる大分の活断層と内陸地震」

   国立研究開発法人産業技術研究所 活断層・火山研究部門

     地震災害予測研究グループ 主任研究員   吉見 雅行 氏

パネルディスカッション  

  「大分の活断層と地震を考える」

 ◇司会

   京都大学名誉教授    竹村 惠二 氏

 ◇パネラー

   大分大学減災・復興デザイン教育研究センター次長    小林 祐司 氏

   九州大学大学院理学研究院附属地震火山観測研究センター長    清水 洋  氏

   国立研究開発法人産業技術研究所

    活断層・火山研究部門 地震災害予測研究グループ 主任研究員    吉見 雅行 氏

   大分地方気象台長    北崎 康文 氏

   大分県先哲史料館主幹研究員    櫻井 成昭 氏

   京都大学防災研究所地震災害研究部門強震動研究分野 教授    岩田 知孝 氏

   大分県生活環境部防災局長    牧 敏弘 氏

入場について

  入場は無料です。(事前申し込み不要です。)
  会場が満席になった場合は、入場をお断りする場合がありますので御了承ください。

会場に無料駐車場はございません。なるべく公共の交通機関をご利用ください。
お車で来場される場合は、ホルトホール大分専用駐車場(有料)または近隣の駐車場(有料)をご利用ください。

 

主催者

  大分県

後援

  大分合同新聞社

  NHK大分放送局

問い合わせ先

  大分県防災対策企画課 (電話番号) 097-506-3067(ダイヤルイン)


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください