ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化 > 文化財・伝統文化 > 文化財の新指定 > 大分県指定文化財の指定について

大分県指定文化財の指定について

印刷用ページを表示する掲載日:2014年2月20日更新

平成26年2月14日付けで、大分県指定文化財として有形文化財5件、史跡1件を指定、有形文化財1件が

追加指定となりましたので、お知らせします。

新指定の文化財

1 宇佐宮御祓会絵図

種 別 : 有形文化財(歴史資料)

概 要 : 宇佐宮御祓会(夏越大祭)の行列の様子を精緻に描いた絵図

2 泉福寺伝香炉台

種 別 : 有形文化財(歴史資料)

概 要 : 永正3年(1506年)の銘文を持つ県内最古の鉄製鋳造品で、泉福寺開山堂に香炉台として伝わる

3 木造無著妙融坐像

種 別 : 有形文化財(彫刻)

概 要 : 泉福寺の開山である無著和尚の唯一の肖像彫刻

4 岩室宝篋印塔

種 別 : 有形文化財(建造物)

概 要 : 応安7年(1374年)の銘があり、玖珠地域の基準資料となる石造物

5 先哲史料館稲葉家文書

種 別 : 古文書

概 要 : 臼杵藩稲葉家に伝来した古文書類で、大分県立先哲史料館が収集した史料群

6 中津城跡

種 別 : 史跡

概 要 : 黒田官兵衛孝高により整備された、穴太積みの石垣をもつ九州最古の近世城郭

有形文化財の追加指定

1 木造大応国師坐像及び胎内納入品

種 別 : 彫刻

概 要 : 像の頭部に納入された、鎌倉時代から江戸時代の経典、願文等の史料群を追加指定