ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

CALS/ECの効果

印刷用ページを表示する掲載日:2010年1月28日更新

CALS/EC

CALS/ECを推進することにより以下のような効果が期待されています。

mejiron01公共事業執行に関するコスト縮減

インターネットを介したデータのやり取りと作業のシステム化による人件費や移動コストの縮減や、
成果や資料などが電子データ化されることによる保管コストの縮減が期待されます。

mejiron01行政事務の透明性・公正性の向上

入札・契約に関する情報がインターネット上で広く公開され、制度的な改革と合わせ、
抜本的な入札・契約手続の改善が可能となり、透明性や公正性の向上が図れます。
また、県民に対する情報公開を迅速に行うことが可能になります。

mejiron01行政事務の効率化

 
システム間の連携を図ることにより、行政事務の処理効率がさらに向上することが期待できます。
 

mejiron01公共施設の効率的な維持・管理の実現

公共施設に関する情報を電子化し蓄積することにより、適切に管理され、情報の検索性が
向上し、効率的な維持管理が実現可能となります。

mejiron01公共事業の品質の確保・向上

事業全体の情報を受注者と発注者の間で電子的に共有化することにより、タイムリーな進捗管理と情報の伝達ミスの低減を通じた公共事業の品質の確保・向上を
図ることが可能となります。

mejiron01事業段階をまたぐ情報の再利用

生産された情報が、公共事業のライフサイクルにわたり再利用できるようになり、効率的な
公共事業の執行が可能となります。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください