ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「デスティネーションキャンペーン実行委員会企画運営委員による知事報告」

知事通信「デスティネーションキャンペーン実行委員会企画運営委員による知事報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年10月9日更新

平成27年10月7日

 「おんせん県おおいたデスティネーションキャンペーン(以下DC)」が9月30日に終了したため、おんせん県おおいたDC実行委員会企画運営委員の幸重氏(ツーリズムおおいた会長)ら14名が県庁を訪れ、期間中の来客状況や県内各地の概況について知事へ報告を行いました。

各委員からは「来客数が増え、宿泊単価も上がった」「官民一体となり大分の魅力を引きだせた」「関連会社とのネットワークが構築できたので、今後にも活かしていきたい」などといった報告がおこなわれました。知事は「DCお疲れ様でした。この3ヶ月の成果を活かして、DCが終わった後もこの火を消さないよう、県としても頑張りますのでご協力よろしくお願いします」と挨拶しました。

 デスティネーションキャンペーン実行委員会企画運営委員による知事報告1 デスティネーションキャンペーン実行委員会企画運営委員による知事報告2


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください