ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県とカゴメ株式会社との包括協定締結式」

知事通信「大分県とカゴメ株式会社との包括協定締結式」

印刷用ページを表示する掲載日:2016年8月24日更新

平成28年8月23日

  大分県とカゴメ株式会社(本社:愛知県名古屋市)は、これまで県産品の消費拡大、減塩の取組、学校での食育活動等といった各分野において連携を図ってきました。このたび、この取組を一層進め、地域の活性化及び県民サービスの向上のため、包括的連携協定を締結することとなり、同社の寺田代表取締役社長ら4名が県庁を訪れました。

 寺田社長は「大分県の取組は『健康寿命の延伸』、『地域経済の活性化』など、当社が中長期的に取組んでいきたい課題とも合致しています。今後も本協定の締結を機に、両者が保有する資源を活かしあい、共に発展を続けていきましょう」と挨拶しました。それを受けて知事は、「『大分ブランドの価値向上』、『観光振興など地域の活性化』、『県産品の消費拡大』についての協定はこれまでもあったが、『健康寿命の延伸・食育』、『防災と災害時の物資供給支援』についての協定は珍しく、非常に包括的な協定が結べたことを頼もしく思います。これからもこの5本の柱について知恵を出し合っていきましょう」と期待を述べました。

大分県とカゴメ株式会社との包括協定締結式1 大分県とカゴメ株式会社との包括協定締結式2


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください