ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「県政ふれあいトーク(1月24日)」

知事通信「県政ふれあいトーク(1月24日)」

印刷用ページを表示する掲載日:2013年1月25日更新

訪問先:県立農業大学校
会  場:県立農業大学校

  豊後大野市三重町赤嶺にある県立農業大学校を訪ねました。

IMG_0019.JPG

   同校は、昭和41年農業経営者の養成を目的として開校した県内で唯一の農業者研修教育施設で、農学部と研修部の2つの学部があります。農学部では高等学校卒業生等を対象に、全寮制のもとで2年間の実践教育を行っており、総合農産科と総合畜産科があります。研修部では、就農を希望する者を対象に栽培管理技術等の研修を行っています。
   訪問当日は、本大学校で2年間、寮生活により講義や実習等により様々なことを学び、経験した農学部2年生10名の皆さんと懇談をし、これからの進路のことや将来の夢などを伺いました。

IMG_0024.JPG 

訪問先:朝地あそぼ会及びあさじ総合型クラブ設立準備委員会
会  場:朝地公民館

   豊後大野市朝地町坪泉の朝地公民館に、観光ボランティア団体の「朝地あそぼ会」と朝地町に総合型スポ-ツクラブの設立を目指して活動している「あさじ総合型クラブ設立準備委員会」の皆さんを訪ねました。

IMG_0066.JPG

  朝地あそぼ会は、平成24年3月にスタ-トした「九州オルレ奥豊後コ-ス」に訪れる韓国からの観光客等に対してJR朝地駅を拠点にガイドを行うとともに、当コ-スの草刈り等の維持管理に取り組んでいます。
  一方、あさじ総合型クラブ設立準備委員会は、25年2月のクラブを創設を目指して、クラブの活動内容や指導者の育成などについて協議を重ねるほか、ウォ-キング大会の開催や子どもの体力測定の実施、クラブ創設に向けた町民へのPR活動などに取り組んでいます。
 訪問当日は、朝地あそぼ会の朝倉会長のほか12名の両会員の皆さんにお集まりいただき、九州オルレやクラブ設立に向けた日頃の活動内容についてお伺いしました。

IMG_0073.JPG  

訪問先:農事組合法人 紫草の里営農組合
会  場:志土知(しとち)公民館

 竹田市志土知の志土知公民館に、紫草(むらさき)の栽培など特色ある取組を行っている「農事組合法人 紫草の里営農組合」の皆さんを訪ねました。

IMG_0075.JPG

 当法人は、担い手が高齢化し減少する中、地域の農業を守るため、集落の全農家が参加して設立されました。集落内の水田面積の半分以上に利用権を設定し、地域ぐるみで効率的な農業経営を展開しています。
   当地区で昔から紫色の染色原料となる貴重な植物である紫草を栽培していたことから、紫色をテーマとして紫草の栽培や紫根染めによる加工品の製造をはじめ、伝統野菜や花きの栽培など、特色ある紫の里づくりを展開しています。また、女性が中心となって農産加工に取り組んでおり、女性の参画が進んでいます。
   このような取組により、平成23年度には大分県農業賞の集落営農・むらづくり部門で特別賞を受賞しました。  
   訪問当日は、佐藤代表理事のほか32名の組合員の皆さんにお集まりいただき、活動内容や日頃お感じになっていることなどをお伺いしました。 
 懇談では、次のような意見・要望が寄せられました。
    ・農地の早期復旧について  
    ・早期の河川の護岸工事について  
  ・玉来ダムの早期完成と小水力発電化について 
  ・紫草の染色工房等の整備への支援について 
    ・鳥獣害対策について 
    ・玉来ダムの管理道の整備について 

IMG_0084.JPG


ベリーツについてはここをクリックしてください