ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「県政ふれあいトーク(8月27日)」

知事通信「県政ふれあいトーク(8月27日)」

印刷用ページを表示する掲載日:2013年8月28日更新

訪問先:日出地域農村青年連絡協議会
会  場:日出総合庁舎

   日常の農業経営や農業・農村地域の課題を解決するための実践的・試験的な学習・経営活動や、消費者との交流活動に積極的に取り組んでいる日出地域農村青年連絡協議会の皆さんを訪ねました。

農村青年との懇談風景

 当団体では、杵築市、日出町及び別府市で酪農、畜産、施設園芸、露地野菜など異なる農業分野の若手経営者が、幅広い視点で互いの農業経営の向上を目指す「みんなで取り組むプロジェクト活動」に取り組んでいます。プロジェクト活動では、全会員が毎年4月にそれぞれの課題を設定し、各プロジェクトの進捗状況も会員全員で発表し合い意見交換を行うなど、互いに切磋琢磨しながら日常の農業経営に励んでいます。
 また、消費者交流会を開催し、消費者の農業・農村に対する理解と交流促進に努めています。平成24年度は、県内外の大学生を会員の農場に招き、搾乳やソーセージづくりなどの農場体験や座談会等を開催しました。
   訪問当日は、太田会長ほか9人の皆さんに加え、会員の農家で研修中の筑波大学学生8人にお集まりいただき、活動内容や今後の目標、日頃お感じになっておられることなどをお伺いしました。
  懇談では、次のような意見・要望が寄せられました。
    ・酪農振興と食育について
    ・農業の6次産業化について
    ・燃料費高騰対策について

農村青年との記念撮影

訪問先:くにさき工藝衆・国見アートの会
会  場:かっこの工房

 杵築市奈多の「かっこの工房」に、国東半島で活躍する様々な分野の工芸作家の制作活動や、工房めぐりのイベントなどを通じて国東半島の魅力発信に取り組んでいる「くにさき工藝衆」及び「国見アートの会」の皆さんを訪ねました。

懇談風景

 両団体は、国東半島で活躍する木工、陶芸、竹工芸、民芸ほか様々な分野の工芸作家の集まりです。国東半島の天然自然、歴史や文化に魅せられたUターン、Iターンの会員も多く、各工房での制作活動のほか県内外で個展やグループ展等を開催しています。特に県外で展示会を開催する際には、観光や移住促進パンフレットを配布し、芸術に興味のある人に国東半島への来訪や移住を呼びかけています。
  また、工房での創作体験やスタンプラリーなど作家とのふれあいやまちあるきが楽しめるイベントを開催し、国東半島の魅力発信に取り組んでいます。
  訪問当日は、両団体の会長・代表のほか6人の皆さんにお集まりいただき、制作活動の内容や日頃お感じになっておられることなどをお伺いました。
  懇談では、次のようなご意見・要望が寄せられました。
      ・公共施設における販売スペースの提供について
    ・大分への移住促進について
    ・ブランド化による販路拡大について
    ・世界農業遺産について

記念撮影

訪問先:認定こども園むさしこども園
会  場:同上

   国東市武蔵町糸原に、県内初の幼保連携型認定こども園に認定されたむさしこども園の皆さんを訪ねました。

こども園の皆さんと懇談

 当園は、平成20年4月に地域の子育て家庭のニーズに包括的に対応するため、就学前の教育・保育を一体と捉えた幼保一元施設を建設しました。
 保育園は子どもを預かるところ、幼稚園は子どもに教えるところという考え方にとらわれず、子どもをどのように育てていくべきかという視点に立って、延長・預かり保育の充実、給食・食育の推進、地元小学校や保健福祉センターと連携した親子のふれあい・育児相談・情報交換の場の提供など、地域で子どもを育てるネットワークづくりに取り組んでいます。
  訪問当日は、むさしこども園の正本園長ほか職員、保護者、国東市の保健師及び小学校教諭、子育てボランティア等の皆さん15人にお集まりいただき、活動内容や日頃お感じになっておられることなどをお伺いしました。 
 懇談では、次のようなご意見・要望が寄せられました。
   ・幼保連携の弊害について
   ・子育て中の親の働き方について
   ・小児医療の充実について
   ・病児保育について

こども園のみなさんと記念撮影

訪問先:農業生産法人(株)安部
会  場:同上

 国東市国東町北江に、建設業から小ねぎを主体とした農業経営に参入している農業生産法人(株)安部の皆さんを訪ねました。

農業生産法人との懇談

 当法人は平成21年度に農業参入し、農協のリースハウスを活用して小ねぎの周年栽培に取り組んでいます。栽培管理や経営の合理化に努め、現在は地域の中核的生産者として活躍しています。
  このほか、原木椎茸の栽培や水稲苗の生産、無人ヘリコプターによる水稲の防除作業を行っており、稲ワラを使った小物類の試作など新たな経営展開にもチャレンジしています。
  訪問当日は、小ねぎハウス農場を視察しました。 

法人のみなさんと記念撮影


ベリーツについてはここをクリックしてください