ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「県政ふれあいトーク(10月3日)」

知事通信「県政ふれあいトーク(10月3日)」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月16日更新

訪問先:三光コスモス祭り実行委員会の皆さん
会  場:三光公民館(中津市三光) 

 毎年、県内外から10万人超の観光客が訪れる中津市の一大イベント「三光コスモス祭り」を主催する「三光コスモス祭り実行委員会の皆さん」を訪問しました。

 11回目となる今年は、10月8日(日)からのイベント期間中、日本夜景遺産に認定された八面山(はちめんざん)の裾野におよそ2,800万本のコスモスが咲き誇り、会場では「コスモスアート 花の美術館」や特産品、手作り加工品など三光の「美味い!」を楽しめる「コスモスマルシェ」も開催されます。

 当日は、開催に向けて奔走中の皆さんと、一大イベントとして定着するまでの経緯や後継者の育成などについて意見交換を行いました。

 コスモス園視察の様子 意見交換の様子

【主なご意見】

・コスモス祭り開催の経緯について

・若年層の活躍と後継者の育成について

・休耕田への補助について

 集合写真

訪問先:やまくに活性化委員会の皆さん
会  場:コアやまくに(中津市山国町守実)

 山国町の地域資源を活用し、観光の振興や特産品の販売、都市との交流促進など、地域住民が一体となった地域づくり活動を推進するため、今年4月に設立された「やまくに活性化委員会の皆さん」を訪問しました。

 設立1年目の今年は、県内外から毎年約6万人の観光客が訪れる山国町の一大イベント「かかしワールド」や猿飛千壺峡周辺で行われる「さるとび紅葉まつり」の規模拡大、山国の特産品である「原木椎茸狩り」やフットパスを利用したウォーキングなどの体験型イベントなどを企画しています。

 当日は、地域の観光資源を活かした山国地域の活性化や山国オリジナル商品の開発などについて意見交換を行いました。

  意見交換の様子 意見交換の様子

【主なご意見】

・地域の観光資源とPRについて

・日本遺産認定に伴う周辺地域との交流や地域の気運醸成について

・地域おこし協力隊の取組について

  集合写真


ベリーツについてはここをクリックしてください