ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「県政ふれあいトーク(2月8日)

知事通信「県政ふれあいトーク(2月8日)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年2月9日更新

訪問先:九重町飯田農協畜産振興会の皆さん
会  場:九重町飯田公民館

 九重町飯田農協畜産振興会の皆さんをお訪ねしました。振興会では、飯田地区の肉用牛振興を図るため、古くから行われている育種改良や優良雌牛の計画生産、地域内保留を現在まで引き継ぎ、地域の特色ある牛づくりを行っています。今回は、豊後牛の生産や消費拡大、ブランド力向上に向けた取組や後継者確保の対策などについて、意見を伺いました。

 ちじあいさつ やかたかいちょうあいさつ 

【主なご意見】

 ・行政と生産者が一体となった優良牛の育成について
  ・後継人材確保のための仕組みづくりについて
  ・リーズナブルで食べやすい豊後牛の生産等、消費拡大に向けた取組について
  ・豊後牛の振興、ブランド力向上に向けた取組の推進について
  ・子弟等後継者への新規参入支援等について

しゅうごうしゃしん

訪問先:豊後森機関庫を核にまちづくりに取り組む皆さん
会  場:豊後森機関庫ミュージアム

  豊後森機関庫を核にまちづくりに取り組まれている皆さんをお訪ねしました。玖珠町では、これまで「豊後森機関庫活用推進協議会」を中心に地元住民の皆さんや商工・観光、建築等関係機関の方々が一体となって活動されています。27年9月には福岡県志免町から蒸気機関車が移設されたのをきっかけに「Sl守り隊」を結成。地元も巻き込み月一回清掃活動を行う等、維持保全活動を行っています。鉄道ファンからも注目を集め、休日には100名を超える観光客が訪れています。

 かいぎふうけい  しさつふうけい

【主な意見】

 ・豊後森機関庫の整備、観光資源としての活用について
  ・豊後森機関庫ミュージアムを訪れる観光客の反応について
  ・若いアイデアを活かした豊後森機関庫のPr、イベント実施について
  ・玖珠町の観光資源をメインにしたツアーづくり、近隣観光地からの誘客について
  ・食をテーマにした他県とのコラボ、話題づくりについて

しゅうごうしゃしん

訪問先:ここのえ緑陽(りょくよう)中学校の皆さん 
会  場:九重町立ここのえ緑陽中学校

 ここのえ緑陽中学校の皆さんをお訪ねしました。九重町では少子化や施設老朽化等の課題に対応するため、従来あった四中学校を一校に統合。25年4月に「ここのえ緑陽中学校」を開校しました。統合により、多くの友人たちと切磋琢磨しながら学習、成長できる環境を提供するとともに、他校区の生徒との交流や豊富な部活動メニューが多様な価値観や自己肯定感の醸成に貢献しているとのこと。このように、学校、家庭、地域が一体となって新しい学校づくりに取り組んだ成果が、学力テストの結果向上など目にみえる形で現れています。生徒の皆さんからもお話を伺いましたが、皆さん充実した学校生活を送られているようで、満足度の高い答えが返ってきました。

 しさつふうけい  ちじあいさつ

【主な意見】

 ・学校生活や施設に対する生徒の意見、感想について
  ・授業改善等、学力向上に向けた取組について
  ・あいさつや清掃活動等、生徒指導の取組と効果について
  ・保護者からみた中学校統合による子どもへの影響、効果について

 しゅうごうしゃしん


ベリーツについてはここをクリックしてください