ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「県政ふれあいトーク(5月13日)

知事通信「県政ふれあいトーク(5月13日)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月16日更新

訪問先:子育て交流拠点を核に活動する皆さん
会  場:ここのえみつばこども園

 

 平成28年4月に開園した「ここのえみつばこども園」と園に併設された「ここのえ子育て交流センター」に、子育て中のお父さん、お母さんと施設の関係者の皆さんを訪問しました。

 全国に先駆け就学前教育の充実に向け幼保一元化に取り組んできた九重町では、町内8つの幼稚園及び保育園を、「ここのえみつばこども園」を含む2つのこども園に統合しました。そして、子育て支援の拠点として「ここのえ子育て交流センター」を併設し、園との連携や効果的な利用を促進するとともに、子育て家庭の交流の場や子ども達の安全・安心な居場所づくりに努めています。

 また、このセンターを拠点に、子育てサークル「チャムチャムクラブ」が遊具の安全点検や講演会の開催など、積極的に活動しています。

 今回は、新設された子育て交流拠点の設立経緯と現状、地域における子育てについて意見交換を行いました。

 みつばことも園1 みつばことも園2

【主なご意見】

・ここのえみつばこども園への意見

・子育て交流センターの利用

・子育てサークルの活動

・小児科医と病児保育施設の不足

みつばこども園3

訪問先:東奥山七福堂保勝会皆さん
会  場:宇戸公民館

 「東奥山七福堂保勝会」は、平成3年の台風被害で巨石群「東奥山七福神」が出現したことを契機に地域住民の皆さんにより発足しました。指定管理を受ける農産物直売所や味噌等の加工所の運営、巨石群へのしめ縄の飾り付け、七福祭の開催など地域振興に取り組んできましたが、近年は高齢化による人手不足のため活動が難しくなっていました。

 この状況を打開するため、玖珠町中心部在住の女性5名のサポートを受け、直売所横に地元産食材を使用した食堂(「田舎食堂いいとこ焙」)を平成28年4月28日にオープン。併せて平成26年以降中止されている七福祭の復活を検討するなど、活動の活性化による地域住民の生きがいづくりを目指しています。

 今回は、「田舎食堂いいとこ焙」にて昼食をいただいた後、公民館に移動して地元住民の活動の場の創出や、高齢化が進む中で玖珠町中心部在住者による地域活動のサポートについて意見交換を行いました。

東奥山七福堂保勝会1 東奥山七福堂保勝会2

【主な意見】

・七福堂の観光PR

・食肉(猪、鹿)の仕入と加工施設

・椎茸生産と鳥獣被害

・小規模集落応援隊の活用

・味噌の製造・販売

 東奥山七福堂保勝会3

訪問先:玖珠町立八幡小学校・中学校
会  場:八幡中学校

 玖珠町では少子化や施設老朽化等の課題に対応するため、八幡中学校をはじめ町内の中学校を統合し、平成31年4月に「くす星翔中学校」として開校する予定にしており、適正規模で切磋琢磨しながら学習、成長できる環境の創出を目指しています。

 また、玖珠町は、コミュニティ・スクールをはじめとした学校と地域との連携に積極的に取り組んでおり、特に八幡地区自治組織運営協議会は、「地域の特性を活かした農業体験を取り入れた支援活動」が、地域による優れた学校支援活動として平成25年度文部科学大臣表彰を受賞しています。

 今回は、学校・学校運営協議会・児童生徒、それぞれの立場から、くす星翔中学校開設に向けて(取組、意見、希望、不安等)と、学校と地域の連携などについて意見交換を行いました。

 八幡中学校 八幡中学校2

【主な意見】

・小学生による新中学校開校への期待

・中学生による地域との連携に係る感想

・学校と地域の連携

 八幡中学校3

訪問先:製材業の振興に取り組む企業の皆さん
会  場:協同組合KD日田

 日田市は県内最大の木材産地であり、市内には多くの製材工場がありますが、その多くは高度に専門化された中小の製材工場です。バーク(製材の過程で発生する樹皮)の処理・活用対策や県産材の販売促進など課題も多く、こうした課題に対応するため、「日田資源開発事業協同組合」では、木質バイオマス利用施設を設置し、バークを燃料に蒸気を発生させています。その蒸気を活用し、「協同組合KD日田」では需要の高い乾燥木材の生産に取り組んでいます。

 また、若手経営者を中心に8つの製材業者が連携し、それぞれに持つ強みや特徴を活かした一般社団法人G-Woodを平成28年4月に設立し、「人材育成」「日田材のブランド化」「需要創出」を目指すなど、近年、製材所同士の連携が進行しています。

 今回は日田資源開発事業協同組合、協同組合KD日田の取組(バーク対策、乾燥材の供給)やG-Woodによる業者間の連携による人材育成や日田材のブランド化による販売戦略などについて意見交換を行いました。

 日田製材業1 日田製材業2

【主な意見】

・山林の管理と固定資産税

・製材の品質向上に向けた育林

・森林所有者と製材業者のミスマッチ

・県外大手企業の日田市場への進出

・CLTとパネル工法

 日田製材業3


ベリーツについてはここをクリックしてください