ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「県政ふれあいトーク(4月13日)」

知事通信「県政ふれあいトーク(4月13日)」

印刷用ページを表示する掲載日:2010年4月14日更新

テーマ : 交流で広がる活気あふれる地域づくり
訪問先 : くじゅう花公園 ~くじゅうが香る花の村~

 竹田市の久住高原で、新たな誘客事業に取り組んでいるくじゅう花公園を視察・激励に訪ねました。

くじゅう花公園を視察する知事

 くじゅう花公園は、平成5年8月に開園、9年4月に施設を拡張し、20万平方メートル(東京ドーム7個分)の敷地に500種300万本の花を植栽しています。特に、春のシバザクラと初夏のラベンダーは西日本最大級で、入場者数は21年は35万5千人、累計で671万人(H22.3.31)となっています。
 現在の運営会社である(株)花公園は、平成21年3月に施設の従業員が設立し、経営破綻した旧運営会社から業務を引き継いでいましたが、今回、(株)大分中央農産の出資を受け、安定的な運営体制が整ったところです。
 最近の取組としては、久住高原の山菜と地元農家で有機栽培された野菜を中心に30種類のメニューが楽しめる自然食バイキングレストランを新設するなど、地域に密着した施設づくりを行っています。
 また、昨年12月には地域活性化総合補助金を活用し、竹田地域の冬の誘客対策イベントとして「久住高原光ファンタジア」を周辺施設と連携して開催し、目標を大きく上回る2万6千人の誘客実績を上げています。
 訪問当日は、後藤社長から施設の概要や今後の取組についてお伺いした後、施設内を見学し、従業員の皆さんを激励しました。

集合写真

テーマ : みんなで支え合う笑顔に満ちた社会づくり
訪問先 : 竹田市城原地区の皆さん ~心豊かに安心して暮らせる万葉の里・城原(きばる)~
会 場 : 城原地区館 

 竹田市大字城原の城原地区館に、「心豊かに安心して暮らせる万葉の里・城原」を基本理念として地域活性化に取り組んでいる城原地区の皆さんを訪ねました。

意見交換の様子

 城原地区は、竹田市街地と久住高原の中間に位置し、世帯数413戸、人口1,032人、高齢化率48.1%となっています。基幹産業は農業で、規模の小さな兼業農家が多く、米・畜産・野菜を中心に経営しており、中でも野菜は他品目・少量生産で、主に竹田市内外の直売所10店舗に出荷しています。
 国道442号線沿いの「道の駅竹田」は、直売所・レストランのほかに農産物加工センターや伝統工芸館が併設されており、年間利用者数が約20万人にのぼり、地域の観光・交流の拠点となっています。
 当地区では、地区内の木原山にちなんだ相聞歌が万葉集に収録されていることから、「万葉の里づくり」をキーワードに、もみじ祭、夜神楽、国道沿線の花木植栽などの地域活性化事業に取り組んでいます。
 訪問当日は、城原地区館に39名の皆さんにお集まりいただき、懇談を行いました。
懇談では、次のような意見・要望が寄せられました。
 ・風倒木が40haあり、県で何とか対応できないだろうか。
 ・道路沿線の花木の植栽に森林環境税による補助金をお願いしたい。
 ・UJターン農業者に対する技術指導をお願いしたい。
 ・県域農協になり農業の現場から離れてしまい、身近な組織ではなくなった。県からの指導をお願いしたい。
 ・食推協として県全体で地産地消の啓発に取り組みたいので、お力添えをいただきたい。
 ・カボスの価格安定対策に少しでも手助けをお願いしたい。
 ・高齢者の見守り活動について、県全体で組織づくりの指導をしてほしい。

集合写真

テーマ : 豊かな生活を支える力強い産業づくり
訪問先 : 城原井路発電所 ~低コスト発電設備実証事業~

 竹田市大字米納に、今月6日に竣工した小水力発電施設「城原井路発電所」を訪ねました。

城原井路発電所を視察する知事

 城原井路発電所は、県土地改良事業団体連合会が事業主体となり整備したもので、井路に平行して長さ約80m、直径500mmの塩ビ管を埋設し、約8mの高低差を活用して発電する仕組みになっています。
 最大出力は25kW(36世帯分の電力量に相当)で、発生電力は近くの農業用ハウスの暖房や発電施設の保安灯に使用し、余剰電力は九電に売電する計画です。事業費は全額国費で約5,000万円、施設の管理は城原井路改良区があたることとなっています。
 出力100kW以下の「マイクロ水力発電施設」の設置は、県内はもとより九州でも初の試みで、二酸化炭素の削減や農業生産コストの軽減だけでなく、クリーンエネルギーの利活用のPRや地域の活性化にも繋がることが期待されています。
 城原井路は、農業や地域の振興をはじめ自然・景観・文化など国土・農村環境の保全形成に優れ、地域によって適切に守られている疏水として、平成17年に全国疏水百選に選ばれています。
 訪問当日は、城原井路土地改良区の本田理事長に施設の概要説明・案内をしていただきました。

集合写真


ベリーツについてはここをクリックしてください