ページの先頭です。
トップページ > ようこそ知事室へ > 平成30年6月25日知事定例会見

ようこそ知事室へ

平成30年6月25日知事定例会見

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月4日更新


動画は「おんせん県おおいた!ちゃんねる」へ                                                   
日時:平成30年6月25日(月曜日)13時30分~
場所:第一応接室


幹事社  それでは、まず知事からお願いします。

大阪府北部の地震、九州北部豪雨災害から1年をうけて

 知事会見

 よろしくお願いします。初めに、6月18日の大阪府北部を震源とする地震についてです。
 お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された多くの皆さんに心からお見舞いを申し上げます。
 この地震で小学校のプールのブロック塀が壊れ、小学生が犠牲になりました。本当に痛ましい事故で、大分県でも、早速、知事部局所管施設や、県立学校、警察施設を含めたブロック塀のある県有施設155施設の緊急点検を行いました。その結果、著しく危険なものが一箇所あり、この一箇所は四日市交番ですが、ブロック塀を6月23日に撤去したところです。
 現在、建築技術職員が詳細な点検を行っていて、必要に応じ、速やかに撤去や、修繕等の対策をします。
 県有施設のほかにも、小中学校等の市町村施設もありますが、このような施設も点検していただいています。市町村立小中学校は全379校あり、そのうち166校にブロック塀があります。著しく危険なものがあれば、撤去等の対策を講じる必要がありますので、速やかな対応を依頼しています。
 同じく災害についてですが、来月5日、九州北部豪雨から1年が経過します。県では、当日正午に、日田市とともに黙祷を行い、亡くなられた3名の方に哀悼の意を表するとともに、復興や災害に強い県土づくりの推進について、決意を新たにしていきたいと思います。

「OITAえんむす部 出会いサポートセンター」の開設について

 それでは、会見項目に入りますが、一つは「OITAえんむす部出会いサポートセンター」の開設についてです。
 県では、少子化対策として「子育て満足度日本一」の実現を目指し、子育て支援に取り組んでいますが、このたび、結婚を希望する方に実現できるチャンスを作り応援するため、「OITAえんむす部出会いサポートセンター」を6月27日に、OASISひろば21の1階に開設します。仕事帰りやお休みの日にも立ち寄りやすいように、平日や土曜は夜8時まで、日曜も夕方6時まで営業します。
 入会対象者は、20歳以上概ね40代までの結婚を希望する独身の方で、入会登録料を2年分で1万円いただくことになっています。入会にあたっては、最初に、来所予約をし、入会手続きをしていただきます。
 このセンターの特徴は、1対1のお見合いサービスです。自分で会ってみたい相手を検索し、お見合いをしたい時には、サポートセンターが間に立って意思確認等を行います。
 もう一つの特徴は、交際をスタートした後のアフターフォローの充実です。アドバイスや交際状況の確認等、様々なフォローを行います。
 なお、6月27日14時からOASISひろば21の1階アトリウムプラザで開所式を行い、翌28日から受付開始になります。
 少しでも、結婚のお手伝いができればと思います。

「OITAえんむす部出会いサポートセンター」の開設について [PDFファイル/74KB]

OITAえんむす部出会いサポートセンター入会のご案内 [PDFファイル/373KB]

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭に係る「おおいた大茶会100日前イベント」の開催について

 国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭の開催100日前になりますので、7月1日、8日、16日の3日間にわたり100日前イベントを開催します。
 まず、7月1日は、昼12時から夕方17時まで、iichiko総合文化センターアトリウムプラザで「第2回アトりうむ遊園地」を開催します。0歳からのクラシックコンサート等、お子さんが楽しめるイベントです。
 次に、7月8日には、おおいた大茶会を盛り上げていただくアーティストの方々にお越しをいただきトークイベントを行います。大巻伸嗣さん、高橋匡太さん、服部滋樹さんのほか、地元大分で活躍するオレクトロニカ、ザ・キャビンカンパニー、中野マーク周作さん、中野伸哉さん親子が参加します。また、別府公園で作品を公開するアニッシュ・カプーアさんや、日田市の事業に参加するライゾマティクスアーキテクチャーからのビデオメッセージも披露し、アーティストの皆様のこの文化祭への意気込み等についてお話を伺います。
 また、7月16日には、別府ビーコンプラザ中会議室で、知的、発達障がい児(者)を対象とした映画鑑賞体験を行います。
 併せてのお知らせですが、開会式・オープニングの入場者募集が始まります。10月6日の開会式は、15時から歩行者天国が始まり、17時40分からは、オープニングステージ「ヨロコビ・ムカエル?」が披露されます。このオープニングステージは、iichikoグランシアタの中でもご覧いただけますが、外の歩行者天国でも観ることができます。iichikoグランシアタの入場者は、1,000名が上限になります。7月2日から入場者募集を行いますので、よろしくお願いします。
 オープニングステージ「ヨロコビ・ムカエル?」は、小野正嗣さんの脚本、穴井豪さんの演出・振付で、すでに一般公募を含む約300名の方の出演が決まり、着々と練習し、盛り上がってきています。

第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会 おおいた大茶会100日前イベントちらし [PDFファイル/1.33MB]

第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会 開会式オープニング入場者募集ちらし [PDFファイル/4.11MB]

「人間・高山辰雄展」の開幕について

 7月7日から8月19日にかけて、高山辰雄画伯の展覧会を県立美術館で開催します。高山画伯の普段はなかなか見ることのできない名作を全国から集めて紹介することにしており、これまでにない中味の濃いものになると思います。
 中でも、主基地方風俗歌屏風(すきちほうふうぞくうたびょうぶ)は、今上天皇陛下がご即位された際に描かれ、献上されたものです。京都より東を悠紀(ゆき)地方と言い、悠紀地方は東山魁夷画伯、京都より西を主基(すき)地方と言い、この主基地方を高山辰雄画伯が描いています。
 これまで、東京で2回、大阪で1回展示されただけで、地方展示は初めてとなり、このような逸品を観られるありがたい機会となります。
 また、8月8日から8月12日まで、高山辰雄画伯が生前から開催していたジュニア美術展も開催されます。この美術展も、力作が揃いますから、是非、お楽しみください

人間・高山辰雄展 [PDFファイル/1.27MB]

九州地域戦略会議「九州合同プロモーションinFrance」への参加と大分県PRについて

 九州地域戦略会議「九州プロモーションinFrance」に参加するためフランス、イギリスを訪問します。6月4日の記者会見でも申し上げましたが、訪問の詳細日程が決まりましたのでお知らします。
 県議会の終わる6月27日に羽田空港に移動し、6月28日に出発します。6月28日にヒースロー空港に着き、すぐウェールズに向かいます。
 この日は、九州合同プロモーションに先立ち、ウェールズ政府の財務大臣やウェールズラグビー協会を表敬し、ラグビーワールドカップで大分県に来られる方々に歓迎の意を伝えます。また、アートでの交流等ができないかという話をするため、ウェールズ国立美術館にも訪問する予定です。その後、APUの職員等をしておられたカーディフメトロポリタン大学のデビッド・エヴァンスさんともお会いし、この機会に、大分県親善大使ではありませんが、大分との架け橋になっていただくようお願いをする予定です。
 6月30日は、カーディフからロンドンに移動します。移動途中に、田園の綺麗なコッツウォルズがあります。オルレとかフットパスと言いますが、田園等の風景を楽しみながら歩いてみようと思っています。良い機会ですので、途中、コッツウォルズに寄り、ロンドンに行く予定です。
 7月1日は休暇で、7月2日にアラン・ギルピンラグビーワールドカップ統括責任者を表敬し、イングランドラグビー協会を訪問します。その後、夕方までにパリに移動し、九州合同プロモーションinFranceの九州合同レセプションに出席します。
 7月3日は、フランススポーツ省を訪問します。フランスは、ラグビーワールドカップで熊本県、福岡県に来る予定ですが、順調に勝ち進めば、準々決勝で大分県に来ることになりますので、歓迎の意を伝える予定です。
 私からは以上です。

九州地域戦略会議「九州合同プロモーションinFrance」への参加と大分県PRについて [PDFファイル/35KB]

「九州合同プロモーション in France 」の開催について [PDFファイル/120KB]

世界最大の日本文化博覧会「ジャパンエキスポ・パリ2018」開催 [PDFファイル/487KB]


幹事社  ありがとうございます。それでは、発表項目について質問をお願いします。
記者  冒頭で九州北部豪雨から1年の話をされてましたが、県の復旧状況についてどのように感じておられるのか、避難生活が続いている方もいるという状況をどのように捉えておられるのかお教えください。
広瀬知事  1年が経ちますが、まだ、仮住いの方がおられます。生まれ育ったふるさとを離れたくはないが、同じ所に住むのは不安もあり、別の良い場所がないかという意見もあります。現在、市が、住民の方と住宅復興について、話し合いをしていますが、県でも応援できることがあれば応援し、1日も早く落ち着いて住める場所が見つかれば良いと思っています。
 また、河川や農地の復興については、改良しながらの復興というところもあり時間がかかっているところもありますが、進んできていると思っています。出水期でもありますから、完全に復旧ができてない所は、大型土のうを設置する等安全を確保したいと思います。
 また、この地域は、JR九州の日田彦山線が通っていますので、早く復旧の目途を付けたいと思います。
記者  日田彦山線運行再開に向けての協議は、未だに結論が出ていませんが、現在の進展具合はいかがでしょうか。
広瀬知事  現在、二つのことに取り組んでいます。
 一つは、復旧費70億円というJR九州の試算に対し、川の流れにバイパスのようなものを作れば橋の負担が減り復旧費が圧縮できるのはないか等、県の事業と連携すればJR九州の負担が減るか、全体として復旧費の試算が減るかという議論をしています。
 もう一つは、JR九州が、利用者の確保を将来的にどのくらいできるかいうことを問題にしていますから、これついても議論することになると思います。
 現在、事務レベルの検討会を1回していますが、また、トップ同士の話をした後、事務レベルの話をしようと思っています。
記者  また、トップ同士の話をするのですか。
広瀬知事  また、するでしょう。
記者  今のところは、まだ予定はないのでしょうか。
広瀬知事  ないです。
記者  二つ目に知事が指摘された利用者の確保についてですが、将来的にどれぐらいで確保できるのか、行政として何らかのお手伝いをするのかお聞かせください。
広瀬知事  何らかのことをするとした場合、観光振興策みたいなものになるでしょう。
記者  日田彦山線に乗る人が増えるような観光振興策というと、沿線の駅舎をおもしろく変えるとか、様々なイベントをするとかあると思いますが、イメージとしてはどのようなものですか。
広瀬知事  例えば、あの沿線では、小石原焼という大変素晴らしい焼物があります。更に沿線を下ると小鹿田焼という大分県自慢の焼物があります。一緒に民陶祭でもできれば、多くのお客さんに来ていただけるかもしれません。これは、思いつきですが、もっと多くのお客さんが観光に来てくれるよう考えることが大事だと思います。
記者  行政が積極的に音頭を取る話になるのですか。
広瀬知事  行政が音頭を取ることもあれば、JR九州が音頭を取ることもあると思います。ディスティネーションキャンペーンが何年か前にありましたが、あのキャンペーンは、JR九州が音頭を取り、行政も協力し大成功だったと思います。そのようなことも含めて考えていくということです。
記者  えんむす部に関してですが、人口減対策、少子高齢化対策の一環の取組かと思いますが。
広瀬知事  そうです。
記者  大分県の将来的な人口減について、予想では、かなり厳しい数字が出ています。知事として、これからどのような取組を進めていきたいか、改めてお伺いできればと思います。
広瀬知事  国全体でも、このまま放置すれば、1億2,671万人から2100年には6,000万人を切るのではないかと言われています。その中で、大分県も、115万人から2100年には46万人程度になるという数字があります。国も地方も、厳しい見通しになっています。
 これを、このまま放置する訳にはいきませんので、今、力を入れているのが、地方創生です。一つは、人を大事にし、人を増やし、育てていくため、子育て満足度日本一の大分県や、健康寿命日本一の大分県を作ることに取り組んでいます。今回は、出会いサポートセンターを開設し、自然増を確保していきたいと思います。
 もう一つは、他県から大分県に来て、とどまり、暮らしてもらうということが大事になります。大分県が良さそうだと思ってもらうためには、企業を誘致したり、魅力的な仕事の場を作ることが非常に大事です。
 企業誘致では、これまでに1万8,500人の新しい雇用機会を作り出した実績があり、大分市、豊後高田市、中津市等の人口の社会増を確保してきましたので、これからも取り組んでいきたいと思います。
 また、知恵を出し汗をかいて、今ある農林水産業を盛んにし、儲かる農業ができるということになれば、家族で移住してくることも考えられます。観光業等でも同様かと思います。
 このような、人口の自然増、社会増対策にしっかり取り組んでいきます。
幹事社  他に何かございませんか。発表項目以外でもあればお願いします。
記者  今日、一部報道で、みんろうきょうが知事に出馬要請すると出ていましたが、率直な受け止めをいただければと思います。
広瀬知事  率直な受け止めと言われましても、まだ要請はいただいてませんから、コメントを申し上げるのも何なんですが、今の段階で、率直に申し上げれば、そこまで信頼をしていただいていることを大変光栄だと思います。
 今日、みんろうきょうの大会に行きますが、そのような話になるのかどうか分かりませんから、これ以上のことは控えたいと思います。
幹事社  その他に何かございませんか。ないようでしたらこれで終わります。ありがとうございました。
広瀬知事  よろしいですか。それでは、しばらくヨーロッパに行ってまいります。
前のページに戻る このページの先頭へ