ページの先頭です。
トップページ > ようこそ知事室へ > 県民の皆様へ 平成30年度のスタートにあたって

ようこそ知事室へ

県民の皆様へ 平成30年度のスタートにあたって

印刷用ページを表示する 更新日:2018年4月2日更新

 今年は、明治維新から150年目にあたり、日本の近代化の歴史的意義が改めて問われています。経済社会の発展とともに右肩上がりで推移してきた人口が初めて減少に転じ、これをどう建て直すか、国を挙げての課題となっています。心配しながら国を開いて、今やグローバル化の先端を行く国となりました。
 大分県においても、少子高齢化・人口減少社会に直面する中、これまでの県政を顧みつつ、いかに地方創生につなげていくかという大事な局面を迎えています。備えをしながらグローバル化のメリットを活かしていくことも大事です。このような時代認識で、将来を見据え、これからの大分県の歴史を創っていくという気概で、県政運営にあたってまいります。
 それにしてもまず第一は、足下の災害への対応です。九州北部豪雨や台風18号の被害から一日も早い復興を遂げるとともに、将来起こりうる大規模災害への備えを着実に行い、災害に強い大分県づくりをしっかりと進めてまいります。
 第二は、景気の回復と働き方改革の実現です。国内景気は、好調な動きがいざなぎ景気を超える長さになったとも言われています。県内景気も、国の動向に近づいてきましたが、県民の皆さんに本当に景気回復を実感していただけるよう、きめ細かく政策を実行するとともに、働き方改革を推進し、事業の継続と発展を支えてまいります。
 そして第三は、大分県版地方創生です。先般公表した人口推計報告では、大分市も含め、全市町村で人口が減少しました。やはり、人を育て、仕事をつくり、地域を活性化させて、地方創生に努力していかなければなりません。皆様のおかげで、多方面で成果も出てきており、これを活かしながら、精一杯取り組んでまいります。
 さらに第四として、今年度は、国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭などが開催されます。県民の皆さんと大いに盛り上げ、おんせん県大分の魅力を国内外に発信し、地方創生の後押しにしていきたいと思います。
 今年度も「県民中心の県政」をモットーに、県民の皆様の声に耳を傾け、手を携えて、大分県の地方創生をしっかりと進めてまいります。
 どうぞよろしくお願いします。

                                                                                               平成30年4月2日
                                                                                                                                大分県知事 広瀬 勝貞

前のページに戻る このページの先頭へ