ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 工業振興課 > 全国石油コンビナート立地道府県協議会(会長:広瀬知事)が令和2年度に向けた国の施策・予算に関する提案・要望活動を行いました

全国石油コンビナート立地道府県協議会(会長:広瀬知事)が令和2年度に向けた国の施策・予算に関する提案・要望活動を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月2日更新

 全国の石油コンビナートが立地する14道府県で構成される「全国石油コンビナート立地道府県協議会」(会長:大分県、副会長:茨城県、千葉県)が、石油コンビナートの強化に向け、石井国土交通大臣、藤田国土交通事務次官、山田国土交通省技監、安藤経済産業事務次官、高橋経済産業省資源エネルギー庁長官、太田財務省主計局長に国への要望活動を実施しました。

1 提案・要望項目

 「石油コンビナートの国際競争力強化」

 「石油コンビナートの強靭化」

2 日程

  令和元年8月1日

3 概要

 協議会を代表して、会長の広瀬知事から8月1日に、石井国土交通大臣、藤田国土交通事務次官、山田国土交通省技監、安藤経済産業事務次官、高橋 経済産業省資源エネルギー庁長官、太田 財務省主計局長に要望書を手渡しました。

 広瀬知事から、「コンビナートの連携の推進や保安の高度化などの国際競争力強化の取組と、地震・津波対策などの強靱化の取組は重要な課題であり、さらなる支援の強化をお願いしたい。」と要望しました。 

<石井大臣への要望>

国土交通大臣への要望

要望書(概要版) [PDFファイル/94KB]

要望書(全体冊子) [PDFファイル/218KB]

※ 全国石油コンビナート立地道府県協議会について

・石油コンビナートの強靱化・国際競争力強化に関し、関係道府県間の情報共有を図るとともに、国への要望活動を行うため、製油所が立地する14道府県により平成25年8月に設立された。

・平成28年1月から、大分県知事が会長に就任(副会長は、茨城県知事、千葉県知事)

■会員(14道府県)

 【会長】大分県 【副会長】茨城県、千葉県 【会員】北海道、宮城県、神奈川県、愛知県、三重県、大阪府、和歌山県、岡山県、山口県、愛媛県、沖縄県


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください