ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > DV(ドメスティック・バイオレンス)相談について

DV(ドメスティック・バイオレンス)相談について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月1日更新
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業などが行われている中、生活不安・ストレスにより、配偶者等からの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されております。
 DV(ドメスティック・バイオレンス)には、身体的暴力(殴る、蹴る)だけでなく、精神的暴力(無視する、暴言を吐く)、性的暴力(避妊に協力しない)、経済的暴力(生活費を渡さない、借金の強要)、社会的暴力(外出を制限する、交友関係やスマホを細かくチェックする)などがあり、パートナーのどちらかが一方的に振るう暴力です。
 DVは重大な人権侵害です。ひとりで悩まず、相談してください。

大分県のDV等相談窓口

相談内容担  当電話番号開設時間ホームページ
夫・パートナーからの暴力について配偶者暴力相談支援センター
(婦人相談所)
097-544-3900月~金 9時00分~21時00分
土日祝 13時00分~17時00分
    18時00分~21時00分
 
配偶者暴力相談支援センター
(アイネス)
097-534-8874月~金9時00分~16時30分
 (祝日、年末年始は除きます)
 
夫・パートナーからの暴力、ストーカー等の相談について警察安全相談
大分県警察本部広報課
097-534-9110
短縮ダイヤル
「♯9110」
月~金9時00分~17時45分
※最寄りの各警察署でも相談できます。
 
性暴力被害についておおいた性暴力救援センター・すみれ

097-532-0330
※メール相談はホームページへ

月~金 9時00分~20時00分
 (祝日、年末年始は除きます) 
すみれ
職場でのセクハラや妊娠・出産等を理由とする不利益な取扱い、性別による差別的取扱いについて大分労働局雇用環境・均等室097-532-4025月~金 8時30分~17時15分
 (祝日、年末年始は除きます) 
 
スクール・セクハラについてスクール・セクハラ相談窓口
(大分県教育庁人権・同和教育課)
097-534-4366
※匿名で相談できます
※Eメールによる相談
no-sekuhara@pref.oita.lg.jp
月~金 9時00分~17時00分
 (祝日、年末年始は除きます) 
 
女性の人権問題全般について女性の人権ホットライン
(大分地方法務局)
0570-070-810月~金 8時30分~17時15分
 (祝日、年末年始は除きます) 
 

総合窓口

 大分県では、男女がともに自分らしく生きていく、男女共同参画社会の実現を目指しています。
 県民の皆さんが抱える様々な問題や悩みの解決に向け、気持ちや考え方の整理のお手伝いや情報提供をします。

◎女性総合相談(アイネス) 
Tel:097-534-8874

◎男性総合相談(アイネス)
Tel:097-534-8614

月~金 9時00分~16時30分(祝日、年末年始は除きます)

国(内閣府)のDV相談窓口

・24時間対応の電話相談
・SNSや電子メールを活用した相談
・外国語による相談

国の相談窓口 DV相談+(プラス)


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください