ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ふるさとおおいた応援サイト(ふるさと納税) > 「ふるさとおおいた応援寄附金(ふるさと納税)」の活用実績(H26活用分)

「ふるさとおおいた応援寄附金(ふるさと納税)」の活用実績(H26活用分)

印刷用ページを表示する掲載日:2014年8月22日更新

平成26年度 ふるさとおおいた応援寄附金でこんなことができました。

 平成25年度にいただいた寄附金は、ふるさと大分を守り、元気づける以下のような取組を実施するための経費の一部として活用させていただきました。(原則として前年度に受け入れた分を、翌年度の事業に充当しています。)
 寄附をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

小規模集落の支援(県内32地区) 寄附金充当額:100万円

【佐伯市尺間・大坂本(しゃくま・おおさかもと)地区】

 尺間・大坂本地区は佐伯市弥生の山間部に位置し、400年あまりの歴史を誇る無形民俗文化財「風流・杖踊」があります。40年ほど前までは、地元神社の夏祭りで風流踊・杖踊が奉納されていましたが、後継者不足により、現在は風流踊だけが継承されていました。いただいた寄付金を活用し、杖踊の復活・継承を行いました。伝統文化を次世代へ継承することで、世代間や尺間・大坂本両地区の新たな交流が生まれました。

  1

2

 観光施設の維持・管理 (寄附金充当額20万円)

 いただいた寄附金を活用し、登山道や観光施設の維持管理を行いました。

 くじゅうやまなみキャンプ村や、大分空港に設置している案内看板の改修、小田の池レストハウスの修繕などを行い、観光客のみなさまへのおもてなしを充実させることができました。

3


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください