ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 義務教育(確かな学力、豊かな心) > 教育課程の編成・実施 > 総合的な学習の時間を核としたカリキュラム・マネジメント

総合的な学習の時間を核としたカリキュラム・マネジメント

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月2日更新

 平成30年6月29日 金曜日、「総合的な学習の時間を核としたカリキュラム・マネジメント」に関する協議会が豊後大野市朝地公民館において開催されました。


 【協議会名】 平成30年度 第1回 地域授業改善協議会

 【場所】 豊後大野市朝地公民館

 【主催】 大分県教育委員会 竹田教育事務所

 【参加者】 管内各小中学校教務主任または研究主任、市教育委員会関係者

 【内容】  <講義> 総合な学習の時間を核としたカリキュラム・マネジメント

         <協議> 教科等横断的な単元配列表の作成と活用について

 【参加者の感想等】

 ・全てを網羅することはできないが、本校なりの計画表はできると感じました。
 ・他校との情報交換は大変参考になった。見通しを持って指導することの大切さを改めて感じました。
 ・教育課程を見ることの大切さを感じました。
 ・実際に単元配列表をグループの方と見て、関連付ける作業を通して、理解が深まりました。夏休みに研修をしたいと思います。
 ・他校のカリキュラムも参考にしながら、校内研で学習し、作成を進めて行きます。
 ・見直しの視点や方法についてヒントをもらい、今後の方向性が見えてきました。
 ・グループ内で意見を出し合う活動を通して、各教科とのつながりがあると言うことが明確になり、単元配列表の作成の仕方も理解できました。


協議で作成された単元配列表(例) [PDFファイル/1.21MB]

協議を参考に作成した単元配列表例(小学校第5学年) [Excelファイル/46KB]

協議を参考に作成した単元配列表例(中学校第1学年) [Excelファイル/715KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)