ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 義務教育(確かな学力、豊かな心) > 教育課程の編成・実施 > 同時双方向型オンライン授業への挑戦~津久見第一中の取組から学ぶ~

同時双方向型オンライン授業への挑戦~津久見第一中の取組から学ぶ~

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月17日更新

同時双方向型オンライン授業への挑戦  ~津久見第一中の取組から学ぶ~  

「一人一台の端末が整っていない中で、どうやって津久見第一中は実現したのか」

    津久見市立第一中学校の取組    ハード面の整備

    津久見市立第一中学校の取組    オンライン学活の実施 

    津久見市立第一中学校の取組    オンライン授業の実施

    津久見市立第一中学校の取組    校内研修の充実

    津久見市立第一中学校の取組    校長室だよりで発信 

     クリック 👉 どうやって津久見第一中は実現したのか [PDFファイル/870KB]  

津久市立第一中学校の取組から見えてくること

1 学校長等のリーダーシップ
 (1)「まずは、やってみる」という精神が必要。(「校長だより」より)
 (2)「学校がすべきこと」と「保護者にお願いするべきこと」を整理する必要がある。

2 教育資源の把握および分析
 (1)「遠隔アプリ」に詳しい教員と遠隔授業の取組を進める教員が必要。
 (2)各校が、自校の児童生徒のネット環境を把握しておく必要がある。
 (3)自校にある、オンラインに関する教育資源を把握・分析し、何ができるのか検討する必要がある。

3 まずは、「ホームルーム」の実施
 (1)初めから授業ではなく、「テストホームルーム」の実施を目指す。すぐに授業につながる。
 (2)遠隔アプリを使った校内研修の計画および実施

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)