ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 人権・同和教育 > 人権教育の講師派遣 > 平成30年度 人権教育に関する講師派遣について

平成30年度 人権教育に関する講師派遣について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月25日更新

市町村人権教育推進事業人権教育の講師を派遣します!

人権教育講師派遣事業タイトルの画像

派遣先

  • 幼稚園、小学校、中学校、高等学校等の教育機関(児童生徒への講演、教職員研修、等)
  • 社会教育関係団体(PTA研修、自治会主催人権教育研修、等)

講師

講演の内容及び形式

内容(人権課題)

「女性」「子ども」「高齢者」「障がい者」「同和問題」「外国人」「医療」

「その他の人権問題」(いじめ・SNS問題等)
※その他、講師との相談で対応できるテーマもあります。

講演の形式

「講義形式」「ワークショップ(参加型)形式」等

講師の謝金等について

講師の謝金等についての流れのイメージ図

申込手順

1) 申請者は、大分県人権問題講師団一覧をご覧いただき、大分県教育庁人権・同和教育課に電話にて、開催日時、対象者を伝え、依頼したい講師の連絡先を聞き、講師へ直接講演依頼の連絡をします。

2) 講師の承諾をえた後、様式1(講師団派遣申請書(様式1) [Wordファイル/28KB])にて大分県教育庁人権・同和教育課あてに講師派遣申請を提出します。提出はメールで構いません。

※派遣申請を受けて、県から講師へ文書にて依頼しますので、開催日の1か月前をめどにお願いします。
(依頼者から講師への依頼文書は必要ありません。)
また、研修会の具体的なすすめ方等は、直接、講師と打合せをしてください。

3) 研修会終了後、成果等を様式2(講師団派遣報告書(様式2) [Wordファイル/27KB])により大分県教育庁人権・同和教育課へ提出します。
できる限り、受講者のアンケート・感想等もあわせて送付してください。
(当日の写真があれば添付して送付をお願いします)

※この事業は初回に限り、上記のとおり講師の旅費・謝金を県が負担します。二回目以降の活用については、講師の紹介はしますが、旅費・謝金については各学校、教育機関、教育団体で支出をお願いいたします。

※講座内容や講師の紹介の相談も受け付けていますので、下記連絡先へ気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先・提出先

〒870-8503
大分市府内町3丁目10番1号
大分県教育庁人権・同和教育課
人権教育推進班
Tel:097-506-5554
Fax:097-506-1799
E-mail:a31900@pref.oita.lg.jp

各種様式等のダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)