ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 義務教育(確かな学力、豊かな心) > 学力向上 > 「中学校学力向上対策 3つの提言」推進手引き

「中学校学力向上対策 3つの提言」推進手引き

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月18日更新

  「中学校学力向上対策 3つの提言」推進手引き

 大分県教育委員会が、平成28年2月に提示した「中学校学力向上対策3つの提言」は、中学生の学力及び学習意欲の向上を目指し、組織的な授業改善を推進するための仕組みづくりについて提言したものです。
 平成29年度から3年間、「中学校学力向上対策3つの提言」の推進重点校として、8校に実践と研究を進めていただきました。
  中津市立中津中学校  別府市立朝日中学校  大分市立大在中学校  大分市立東陽中学校
  臼杵市立西中学校   佐伯市立佐伯城南中学校  豊後大野市立三重中学校  日田市立北部中学校

推進重点校の取組の中で、以下のようなことが明らかになってきました。
 ○教科担任のタテ持ちが教科部会の充実や若手教員の授業力向上につながること
 ○生徒による授業評価が教員一人一人の日頃の授業の振り返りを促し、授業改善を促進すること
大分県教育委員会では、8校の推進重点校の実践を参考に、 「中学校学力向上対策 3つの提言」推進手引きを作成しました。推進手引きには以下のような内容があります。
 👉 教科の壁を越え、全てに共通した授業改善取組事例
 👉 生徒指導の三機能を意識した授業取組
 👉 教科担任の「タテ持ち」とは
 👉 教科部会の事例 ~ 相談や切磋琢磨できる環境づくり~
 👉  教科ごとに、年間を通して1枚のシートで行う授業評価
 👉 生徒による授業評価の結果をレーダーチャートに
 👉 推進するための準備や諸条件 

 「中学校学力向上対策 3つの提言」推進手引きを活用して、各学校の実情に合わせて、3つの提言の取組を改善 し、 充実させ 、県内の各中学校、各教室で「学びに向かう力 」と「思考力・判断力 ・表現力 」の一層の向上が実現することをお願いいたします。

 「中学校学力向上対策 3つの提言」推進手引き [PDFファイル/3.73MB]

 ぺあ1

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)