ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > いじめ・不登校対策等 > いじめ対策(未然防止・解決) > 平成30年度大分県スクールロイヤー活用事業に係る第3回電話相談会を3月19日に実施しました

平成30年度大分県スクールロイヤー活用事業に係る第3回電話相談会を3月19日に実施しました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月24日更新

平成30年度 大分県スクールロイヤー活用事業に係る第3回電話相談会を実施しました

 今年度からスタートしている「大分県スクールロイヤー活用事業」ですが、「スクールロイヤー(SL)」は、実施要項にもあるように、学校の顧問弁護士ではありません。また、学校の代理人となり保護者と対峙するなど対外的な活動を行うものでもありません。あくまでも、学校と保護者の中立の立場で、学校が行うべき法律上適切な対応について指導・助言を行っていただくものです。この点については、大分県弁護士会と大分県教育委員会とで協定を結ばせていただいております。

 この事業において、児童生徒・保護者の皆様を対象とする第3回の電話相談会を実施いたしました。

 3月19日(火)は16:30~19:30の3時間で児童生徒・保護者の皆様から5件の相談が寄せられました。ありがとうございました。これまでの3回の結果は以下のようになっております。

(1)第1回目 平成30年10月30日(火)16:30~19:30 6件

(2)第2回目 平成31年 1月 9日(火)16:30~19:30 4件

(3)第3回目 平成31年 3月19日(火)16:30~19:30 5件

 全部で15件のご相談が寄せられました。相談内容は、いじめに関するものや友達同士、学校や教職員との関係、部活動や社会体育に関するものなど多岐に渡っておりました。次年度も行う予定ですので、ぜひこうした悩みがある場合には、お気軽にスクールロイヤーの電話相談でご相談くださるようお願いします。

 第3回電話相談会案内チラシ

 

平成30年度大分県スクールロイヤー活用事業を実施します

1 事業の目的

 大分県の公立学校において、法的側面からのいじめ予防教育や生徒指導に関する学校からの法的相談への対応等の業務に資するため、法律の専門家(以下「スクールロイヤー」という。)の活用を図り、各学校におけるいじめの予防教育の推進や生徒指導上の諸課題の解決支援を行う。(大分県スクールロイヤー活用事業実施要項より)

2 スクールロイヤーの活用内容

 スクールロイヤーは、主としていじめ対策における予防や解決に向けた、以下の業務を行う。

(1)法的側面からのいじめ予防授業・講演及び教職員研修

 ア 公立学校における法的側面からのいじめ予防の授業・講演

 イ 学校の適切ないじめ対応等の教職員研修

(2)学校からの法的相談への対応

 ア 電話もしくは面談による学校からの相談対応

 イ 学校に出向いての相談対応・助言

(3)児童生徒・保護者を対象とした法律相談

 ア 年3回期間を限定しての無料電話相談会

大分県スクールロイヤー活用事業実施要項 [PDFファイル/135KB]

スクールロイヤー活用事業概要図

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)