ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 特別支援教育 > 第三者評価 > 別府支援学校鶴見校 評価書

別府支援学校鶴見校 評価書

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月27日更新
重点項目評価項目評価の観点評  価
学校の
組織運営
1 校長のリーダーシップ*社会のニーズ等を踏まえた学校経営ビジョンの設定
*学校目標、学校運営計画の適切な設定と教職員の共通理解
*的確・適切なリーダーシップの発揮、教職員からの信頼
校長のリーダーシップの下、副校長はじめ士気が高く、重症心身の幼児児童生徒に手厚い支援が継続できている。
役割を十分に理解されたビジョン設定であり、強い愛情の下、教育が実施されている。
2 組織的運営・責任体制*教育目標、学校運営計画との一致
*組織的な運営・責任体制の整備、校務分掌の機能
*幼・小・中・高の一貫性のある指導体制の整備
分校であるため校長不在の日もあるが、ミドルリーダーの役割意識が高く、横断的な連携、情報共有が機能しており、幼児児童生徒の健全な教育環境の形成がなされてる。
現有機能を最大限利用し、計画的な教育が実施されている。
3 服務監督・危機管理体制*内規、危機管理マニュアル等の適切な整備
*事件・事故発生時の迅速で適切な対応
*法令に則った医療的ケア実施体制の整備
先進校へ研修に行き、マニュアルや必要物品の改善につなげることができていた。
重度重複児童生徒への対応では、具体的方法についての検討が必要である。
4 家庭・地域との連携、情報提供*幼児児童生徒及び保護者の満足度や要望を把握する取組
*学校ホームページの活用、学校便りの発行等による情報の伝達
 ・公開の取組
在籍している幼児児童生徒の家族(保護者)の事情もあるが、PTAに参加する限定的な保護者との関係に留まっている。満足度や要望を把握する取り組みが求められる。専門校として更なる取り組みを期待したい。
5 センター的機能*小・中学校等の要請に応じた巡回相談等への積極的取組
*特別支援教育のセンターとしての特色ある取組
*組織的に取り組む校内体制の整備
巡回相談では、「幼稚部を主に担当している」ことや、「重度重複の児童生徒のため、医療機関との連携」が課題である。
今後も学校の特性を生かした特色ある取り組みに期待する。
学習指導1 授業*障がいの状態や特性、発達の段階等に応じた指導
*一人一人の指導目標・方法の共通理解に基づいた実践
*学習効果を高めるための外部専門家との連携等の工夫
*幼児児童生徒の自主的・主体的な学習への取組
自立活動では別府発達医療センターのOT(作業療法士)・PT(理学療法士)・ST(言語聴覚士)など専門家に授業の適正さに関する指導助言を受けることは良い取り組みである。
月1回の個別の指導計画についてケース会議を開催して改善に努力している。今後それを活用しての実践に期待する。
2 指導、支援のための計画の作成と活用*チェックリスト等に基づく実態把握の実施
*保護者のニーズの把握、PDCAサイクルによる指導改善
*保護者等と連携した教育支援計画の作成、長期的視点の支援
本人のニーズ自体、まだ分からない児童生徒も居るため、様々な体験をさせる場があると良い。
保護者との連携については、現状は理解できるが、現状に納得することなく改善に努めてもらいたい。
3 授業研究・授業改善*社会のニーズや学校の教育課題等に基づく学校研究への取組
*計画的な授業研究の実施等による授業改善への取組
*専門性向上のための積極的取組、専門性の高い授業実践
学部単位での取り組みに加え、縦割りの取り組みも進められていた。
児童生徒の実態に応じてICT機器が活用されていた。ALTを活用した授業の工夫も見られた。
職業教育
及び
進路指導
1 進路指導*組織的なキャリア教育(進路指導)への取組
*本人・保護者の進路希望の把握、きめ細かい進路指導
PTAを巻き込んで、進路講演会や施設見学などを実施していたことは評価できる。
今後は、企業・福祉・医療等の関係機関の連携を強化し、就労希望の生徒の環境整備を図っていくことを期待する。
2 就業体験の機会の確保*福祉・労働施策や関係機関の事業等の情報収集の取組
*実習先、就労先等の開拓に関する積極的取組
*作業学習等の学習の工夫・改善への取組
*地域や産業界等の協力等による就業体験の充実
企業側からの見学の機会も増やすなどの工夫により、改善が期待できる。
車いすマラソンへのエントリー等、外部に向けた発信もしており、継続した取り組みにより認知が進むことを期待する。
3 職場開拓*地域の企業、福祉・労働の関係機関等との密接な連携
*教職員・保護者が一丸となった職場開拓
就労支援については、生徒の意識と教職員の意識に差があると言える。生徒の希望を把握するとともに関係機関との連携が望まれる。対象となる生徒は限られていると考えられるが、更なる取り組みを期待する。
生徒指導1 心の教育*豊かな人間関係が構築できるための幼児児童生徒の育成
*社会の一員としての意識を身につけるための計画的指導
人間尊重の精神が浸透しており、学校全体として、明るく元気の良い姿が見られた。
生徒面談では、教師と児童生徒の関係が密であることが理解できた。
2 生徒指導*医学的・心理学的な情報収集を通した幼児児童生徒理解
*組織的な生徒理解、生徒指導に関する取組
PTAを頻回にするなど工夫はなされている。
在籍している幼児児童生徒の家族(保護者)の事情もあるが、PTAに参加する限定的な保護者との関係に留まっている。
3 教育相談*保護者等に対する専門的な立場からの助言
*教育相談等に関する知識習得や技能向上に向けた取組
養護教諭の企画による、学校精神科医の健康相談が実施できていた。
4 特別活動*学校、地域の実態等に即した学校行事等の取組
*開かれた学校作りを意図した地域住民への理解・啓発の取組
*交流及び共同学習への積極的取組
地域の老人会や銀行などの協力も得て作品の展示など行っているのは良い取り組みである。
様々な生徒が居るため、児童生徒会活動にも限界があるとは言えるが、児童生徒どうしの交わりの場は改善の余地がある。
5 保健・安全管理*健康観察や疾病予防など、健康管理のための日常的取組
*校舎や学校周辺の安全点検等の定期的取組
*地域の関係機関との連携による安全確保の取組
感染症等の情報は速やかに周知する等、適切に取り組まれていた。保健部を中心にして、別府発達医療センターと連携して取り組まれていた。
全般 障がいの状態や発達の段階等に応じた
 適切な配慮
*教育活動全般にわたる、障がいの状態や発達の段階等に応じた
 適切な配慮
重症心身の生徒の専門的な教育機関としての責務を、校長、副校長以下ミドルリーダーを中心に十二分に認識したうえで、他校の模範となるような教育環境の形成がなされている。幼児児童生徒一人一人に寄せる愛情が非常に強く感じられた。
 
総合評価校長のリーダーシップ、ミドルリーダーによる落とし込み、各教員の役割の理解、どれをとっても「連携」~「浸透」ができており、組織として適切な学校運営が実施できている。
重複障がい児の支援学校として専門性を生かした学校経営が行われており、リーダーも役割と責任を持って担っていた。当校は別府発達医療センターとの関係性が強く、幼児児童生徒一人一人に応じた連携が深まっている。今後も今まで以上の関係性が必要と考えられる。
 
校長
コメント
鶴見校は、分校として校長が不在にすることが多いが、副校長を中心として学部主事や各種主任が学校教育目標を意識し、その達成に向けて努めてきた。今後もこの体制を維持し、更なる学校経営の充実を図っていきたい。また、別府発達医療センターに隣接した学校として、リハビリテーション科等の職員との連携が強化され、相互の交流が図れるようになり、自立活動をはじめ授業改善につながってきた。今後も、センターのご支援をいただき、更に充実するよう進めていきたい。来年度は、学校教育目標の重点目標に「肢体不自由教育の充実」を掲げ、教育課程の改善や指導方法の工夫、進路指導などにも取り組んでいきたい。