ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 特別支援教育 > 第三者評価 > 臼杵支援学校 評価書

臼杵支援学校 評価書

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月27日更新
重点項目評価項目評価の観点評  価
学校の
組織運営
1 校長のリーダーシップ*社会のニーズ等を踏まえた学校経営ビジョンの設定
*学校目標、学校運営計画の適切な設定と教職員の共通理解
*的確・適切なリーダーシップの発揮、教職員からの信頼
学校の現状にあった学校教育目標が新たに定められ、方向性が明確化された。
児童生徒数が減少し地域における役割でも転換期を迎えており、施設との関係や地域との関係において新たな状況に即した運営ビジョンが求められる。
2 組織的運営・責任体制*教育目標、学校運営計画との一致
*組織的な運営・責任体制の整備、校務分掌の機能
*幼・小・中・高の一貫性のある指導体制の整備
縦割りグループで、教科担当者会議等を活用し幼・小・中・高の一貫性のある指導体制が整備されつつあるので、ミドルリーダーの横断的な連携・情報共有について改善を図ることで、今後の成果に期待したい。
3 服務監督・危機管理体制*内規、危機管理マニュアル等の適切な整備
*事件・事故発生時の迅速で適切な対応
*法令に則った医療的ケア実施体制の整備
実情に即したマニュアルが作成されている。今後は各学部・学年の中での共通理解のもと具体的な取り組みが求められる。
4 家庭・地域との連携、情報提供*幼児児童生徒及び保護者の満足度や要望を把握する取組
*学校ホームページの活用、学校便りの発行等による情報の伝達
 ・公開の取組
ホームページは適切に更新されているが、どのように活用するかについては今後の課題である。
保護者アンケートも実施しているが、課題の分析を行い、活用につなげていくことが望まれる。
5 センター的機能*小・中学校等の要請に応じた巡回相談等への積極的取組
*特別支援教育のセンターとしての特色ある取組
*組織的に取り組む校内体制の整備
地域の小中学校へのセンター的機能を果たすための体制は整えられている。小規模校の長所を生かし、地域に密着した取り組みを期待したい。
学習指導1 授業*障がいの状態や特性、発達の段階等に応じた指導
*一人一人の指導目標・方法の共通理解に基づいた実践
*学習効果を高めるための外部専門家との連携等の工夫
*幼児児童生徒の自主的・主体的な学習への取組
チェックシート等を活用し、一人一人の児童生徒の実態把握と課題設定に取り組まれている。今後は効果的な活用が望まれる。
1回目の訪問で指摘された課題を的確に捉え、改善に取り組まれている。来年度に向けた取り組みに期待したい。
2 指導、支援のための計画の作成と活用*チェックリスト等に基づく実態把握の実施
*保護者のニーズの把握、PDCAサイクルによる指導改善
*保護者等と連携した教育支援計画の作成、長期的視点の支援
保護者アンケート結果等から連携が希薄であるという実態が明らかになった。課題を整理し、優先順位を決めて、一つずつ対応していくことが必要である。改善に向けた今後の取り組みに期待したい。
3 授業研究・授業改善*社会のニーズや学校の教育課題等に基づく学校研究への取組
*計画的な授業研究の実施等による授業改善への取組
*専門性向上のための積極的取組、専門性の高い授業実践
小規模校の強みを生かし、マンツーマンにより適切な教育が行われているが、集団での学びについても検討する必要がある。
社会資源等を活用し、地域に密着した更なる取り組みを期待したい。
職業教育
及び
進路指導
1 進路指導*組織的なキャリア教育(進路指導)への取組
*本人・保護者の進路希望の把握、きめ細かい進路指導
保護者を巻き込んだ進路指導に取り組むため、夏季休業中に施設見学会を実施している。今後は、高等部の保護者への具体的かつ効果的な情報提供と、小中学部の保護者が具体的にイメージできる情報提供の充実が求められる。
2 就業体験の機会の確保*福祉・労働施策や関係機関の事業等の情報収集の取組
*実習先、就労先等の開拓に関する積極的取組
*作業学習等の学習の工夫・改善への取組
*地域や産業界等の協力等による就業体験の充実
1回目の訪問での指摘事項を受け、作業学習については、大幅な改善があった。
今後は、生徒個々の課題を職員間で共有し、効果的な作業学習の充実が求められる。
3 職場開拓*地域の企業、福祉・労働の関係機関等との密接な連携
*教職員・保護者が一丸となった職場開拓
作業製品を地域の店舗で販売するなど、地域との連携にも取り組んでいる。一般就労に向けては、学校内外の取り組みが必要である。
ワーキングフェアに伴う企業訪問等の取り組みに努力がみられた。今後はワーキングフェアを活用した成果に期待する。
生徒指導1 心の教育*豊かな人間関係が構築できるための幼児児童生徒の育成
*社会の一員としての意識を身につけるための計画的指導
教員も重要性を認識しているとおり、高等部での本人の障がい受容の支援が必要。方策についての検討をさらに進め具体化されたい。
SNS講座やボランティア活動への参加等にも取り組んでいる。今後も児童生徒の実態に応じた取り組みに期待する。
2 生徒指導*医学的・心理学的な情報収集を通した幼児児童生徒理解
*組織的な生徒理解、生徒指導に関する取組
PTAの授業参加の促進に努めることが求められる。
地域に密着した取り組みと保護者、生徒との信頼関係を強固なものとする効果的な情報提供の実施を期待する。
3 教育相談*保護者等に対する専門的な立場からの助言
*教育相談等に関する知識習得や技能向上に向けた取組
PTAの個人面談の改善や、バザーのあり方の検討等に取り組んでいる。成果に期待したい。
外部の専門家を招いた研修会や、指導場面において助言を受ける機会を設けることにより教育相談等に関する知識習得や技能向上を図っている。
4 特別活動*学校、地域の実態等に即した学校行事等の取組
*開かれた学校作りを意図した地域住民への理解・啓発の取組
*交流及び共同学習への積極的取組
スマイルフェスティバル等の積極的な取り組み姿勢が見られ始めているので、今後の継続を期待したい。
地域住民に対してアンケートの実施を検討することを提案する。
5 保健・安全管理*健康観察や疾病予防など、健康管理のための日常的取組
*校舎や学校周辺の安全点検等の定期的取組
*地域の関係機関との連携による安全確保の取組
ヒヤリハットの集計等を行い、安全・安心な学校づくりに取り組んでいる。集計結果を分析し、活用することを期待する。
全般 障がいの状態や発達の段階等に応じた
 適切な配慮
*教育活動全般にわたる、障がいの状態や発達の段階等に応じた
 適切な配慮
第1回評価の課題を適切に把握し改善を図ろうとしている姿勢は評価できるが、児童生徒数の減少等による学校運営の在り方等について、教職員全体の共通認識が更に深まるよう努めてもらいたい。
高等部から入学してきた生徒の進路に対する取り組みの充実が求められる。
 
総合評価人口減少や児童生徒数の減少等、置かれている状況は非常に厳しい中にあって、学校運営自体はしっかり成されている。学校単独、人数も多くない教員の努力だけでは児童生徒の地域生活・就労は成立しない。また、地域社会の理解を進めることが、住民ひいては保護者の障がい者観を改善することにつながると考える。地域の特別支援教育のセンターとしてはもちろんのこと「地域の学校」として位置づけられるための社会への働きかけと地域社会の巻き込みが必要である。
 
校長
コメント
創立50年を経て、地域の人口減・施設の方針の変更等により、児童生徒数が減少する時期に入った。臼杵津久見地区の特別支援学校として、また少人数校としてどうあるべきか、本校は転換期を迎えたと思っている。学校としてのミッション、ビジョンを固め、地に足の着いた取り組みを進めていかなければならない。少人数校の強みを生かしつつ、地域や保護者との連携を見直し、地域に根差した学校をつくっていく必要がある。今回の評価で具体的に指導・助言を戴いた点について、教職員全員で知恵を出し合い、共通理解を図り、社会に開かれた学校として努力を重ねていきたい。