ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境保全活動から地域を元気に! > 緑のカーテンを育ててみませんか!?

緑のカーテンを育ててみませんか!?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月20日更新

平成29年度緑のカーテンフォトコンテスト 作品大募集!

緑のカーテン最優秀賞作品写真  緑のカーテン小学校部門受賞作品
  <平成28年度最優秀賞受賞作品>           <平成28年度部門賞(小学校部門)受賞作品>

  

大分県では、地球温暖化対策の一環として、県民総参加で夏の省エネルギーに取り組むため、アサガオやゴーヤなどのつる性植物を使った「緑のカーテンづくり」を推進しています。

 あなたも、夏の暑さに備えて日差しを防ぎ室温の上昇を抑える、「緑のカーテンづくり」に挑戦しませんか?

 緑のカーテンができたら、写真を撮ってフォトコンテストに応募しましょう!

 このコンテストの審査ポイントは、緑のカーテンの景観や独自の工夫などです。カメラの撮影技術に自信のない方も、安心して応募してください。入賞者には商品券などの副賞もあります!


1.応募締切    平成29年9月29日(金)必着

2.賞        最優秀賞 1点 副賞 50,000円相当の商品券

            部門賞   5点 家庭部門、学校部門(小学校等、中学校、高等学校)、事業所部門
                       副賞 10,000円相当の商品券

            特別賞  10点 副賞 5,000円相当の商品券

            ※学校部門の副賞は図書カードを予定しています。

3.応募      応募用紙にご記入の上、写真(3枚以内)を貼付してお送りください。

           応募様式 [PDFファイル/67KB]   応募用紙 [Wordファイル/40KB]      

           応募要領 [PDFファイル/177KB]

4.応募先
    大分県生活環境部うつくし作戦推進課
    〒870-8501 大分市大手町3-1-1
    電話 097-506-3123
    Fax 097-506-1749
          メールアドレス a13060@pref.oita.lg.jp

緑のカーテンの作り方~ゴーヤ編~

 【準備するもの】

  • プランター(土がある程度入る大きめのプランターがおすすめです)
  • 軽石(土だけでは水はけが悪くなってしまうので、プランターの底に敷きます)
  • 培養土
  • 園芸用ネットもしくは支柱
  • 肥料 

(1)準備
 
プランターの底に軽石を薄く敷きます。その上に培養土をふんわりと押し込まずにいれます。
ネットは、ベランダであれば手すりを利用するとよいでしょう。上部にネットを引っかける場所がない場合は、支柱を立て、結束バンドなどで横方向に支柱を渡すなどして、ネットを張ります。

(2)植付け
 
苗を20~25cm程度話して、プランターに植えます。プランターから出すときに、根をくずさないよう注意しましょう。

(3)水やり 
 苗の段階では水をやりすぎると根腐れしてしまいます。葉と土の状況を見ながら、適度にあげましょう。カーテン状に育ったら、朝晩2回、たっぷりと水をあげましょう。

(4)摘芯 
  ツルが1m程度のび、葉が7~8枚でたら、葉を茂らせるために、枝の先端を切り、本葉の根元から生えてくるツルを伸ばします。

(5)誘引
  
ツルを伸ばして近くのネットに巻きつけます。その際、バランスよく茂るように、ツルを誘引しましょう。

(6)追肥 
  花や実がついたら、肥料を足しましょう。

(7)収穫
  ゴーヤの実は放っておくと熟れて実が黄色くなり、破裂してしまいます。その前に収穫しましょう。

 【緑のカーテンに適した植物】

  • ゴーヤ・・・・・虫がつきにくく、育てやすい。
  • アサガオ・・・生育が旺盛で、丈夫。色とりどりの花を咲かせるので、見た目も鮮やか。
  • ヘチマ・・・・・葉が大きく、カーテンには最適ですが、実が大きくなるので支柱をしっかりするなどの対策が必要。                

                                                      めじろん

 


シンフロについてはここをクリックしてください