ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 東九州自動車道 > 平成29年度東九州自動車道建設促進中央大会及び提言活動について

平成29年度東九州自動車道建設促進中央大会及び提言活動について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月4日更新

 真に必要な道路である東九州自動車道の早期全線開通にかける地元住民の熱い思いと、高速道路建設に必要な予算の安定的な確保をアピールするため、「東九州自動車道建設促進中央大会」及び提言活動を下記のとおり開催・実施しました。

東九州自動車道建設促進中央大会

広瀬知事が「東九州自動車道が開通した区間では、ストック効果を身に染みて感じているが、宮崎県と鹿児島県との間に未開通の区間が残っている。また、4車線化を実現させなければならない。最後まで一致団結して頑張ろう」と宣言して開会し、大会議案が決議されました。 

  大会決議書 [PDFファイル/120KB]

大会の概要

1 日時 平成29年11月10日(金曜日) 13時00分~14時00分

2 場所 都市センターホテル
      東京都千代田区

3 主催 ・東九州自動車道建設促進協議会(大分県、福岡県、宮崎県(会長:河野知事)、鹿児島県、北九州市)
      ・東九州軸推進機構

4 大会内容
  ・主催者あいさつ
  ・来賓あいさつ
  ・大会決議

大会の様子

  大会には約100名の参加があり、会場は熱気に包まれていました。

 開会あいさつ ガンバロウ三唱

提言活動

大会後、財務省、自民党、国土交通省などに提言活動を行いました。

提言活動の様子

財務省 長峯政務官 財務省 長峯誠 財務大臣政務官

萩生田光一 自民党幹事長代行 自民党 萩生田光一 幹事長代行

国交省 石井啓一国土交通大臣 国交省 石井啓一 国土交通大臣


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください