ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大分県雨量・水位情報土砂災害危険度情報避難者情報に関するサイン災害時のサイレン音県民安全・安心メール防災アドバイザー派遣します
トップページ > 東日本大震災に関する情報 > 東日本大震災に係る県営住宅の一時入居について

東日本大震災に係る県営住宅の一時入居について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年4月1日更新

 東日本大震災に伴う県内への避難者(被災者及び自主避難者)受入れについては、被災地の復興状況等を踏まえ、県営住宅の一時入居(目的外使用)の期間を次のとおりとしています。 

1.一時入居の期間

【被災された方】 

(地震・津波による住宅被災者、福島原発事故により居住制限を受けている避難者)

 現入居者は、6ヶ月ごと5回更新可 (入居日から最長3年間)


【自主避難された方】

 現入居者は、6ヶ月ごと3回更新可 (入居日から最長2年間)

 なお、県営住宅へ正式な入居(※収入要件等あり。入居期限なし。)を希望する自主避難された方は、改めて入居申込手続等が必要になりますのでお早めにご相談ください。


※一時入居の申込受付は、平成25年3月末で終了しました。

2.問い合わせ先

  大分県土木建築部公営住宅室
  電話 097-506-4684(直通)