ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 香々地青少年の家 > 事業・イベント情報 > 今年度の事業・イベント > 星空観察会とプラネタリウム上映会について

星空観察会とプラネタリウム上映会について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月1日更新

プラネタリウム上映会

 デジタルプラネタリウム

 毎月第3日曜日は「デジタルプラネタリウム上映会」の日!

 ここ香々地青少年の家は県内唯一のデジタルプラネタリウムを有しています。

 香々地青少年の家の個性豊かな解説者がその日の夜の星座や星の見つけ方、月、惑星、宇宙船内での実験など紹介します。知らなかった事を学べたり、学校で習った内容を楽しく確認できる場所です。

 大口径ドームに広がる映像には、太陽系を飛び出し銀河の果てまでの宇宙旅行を体感するような迫力があり、星座や惑星について楽しく学べるような魅力があります!

土星  星座

※上映プログラムは、季節やその時々に合わせた内容です。

※ 事前のお申し込みが必要です。(当日可)

※ 団体で御利用の方は、改めて日時を設定できます。   香々地青少年の家まで、お電話ください。

(Tel 0978-54-2096)

上映日時

毎月第3日曜日 1日2回上映

【午前の部】11時00分~11時50分
【午後の部】14時00分~14時50分

  • 県内小中学生・・・無料
  • 県内高校生、青少年団体等、県外小中学生・・・110円
  • 大人・・・230円

次回予定日

10月18日(日曜日)午前の部11時00分~ 午後の部14時00分~(事前予約、人数により当日受付可です。) 

内容 解説者 どらちゃん

 過ごしやすい秋の夜長は、星を見て過ごしてはどうでしょうか。デジタルプラネタリウムで秋の星座の探し方を解説します。まずは秋の四辺形(ペガスス座の胴体部分)を探すことからです。そのまわりには同じ神話をモチーフにした多くの星座が見られます。秋の夜空に輝く白馬に乗った勇者の話、知っていますか。秋の星座の物語を香々地青少年の家どらちゃんがいろいろな星座の見つけ方とともに解説します。

 11月15日(日曜日)午前の部11時00分~ 午後の部14時00分~(事前予約、人数により当日受付可です。)

 

内容 解説者 キャサリン

 南の真ん中にペガススの大四辺形が見えています。明るい星の少ない秋の星空では、この四辺形の各辺を延長してたどると秋の星座の位置や星の位置の見当がつけられ便利ですよ。 また、11月12日はおうし座南北流星群、17日はしし座流星群の極大と流星群の観察も好機となっています。秋の星座の見つけ方、それぞれの流星群の観察の時間や場所などをキャサリンが解説します。

 12月20日(日曜日)午前の部11時00分~ 午後の部14時00分~(事前予約、人数により当日受付可です。)

内容 解説者 めじろん

 1年中で最も日没が早く、日の出が遅いので夜の時間が長く寒い季節ですが天体観測には好都合と言えます。夏からずっと見頃であった木星と土星が大接近して、土星と木星の位置が入れ替わる現象が12月21日~22日夕方西の空に見られます。また、1等星の見られる数も最大となるそうです。これから見られる冬の星座についてもめじろんが解説をします。

  1月17日(日曜日)午前の部11時00分~ 午後の部14時00分~(事前予約、人数により当日受付可です。)

内容 解説者 おやびん

 冬の星座の代表として知られるオリオン座には2つの一等星が見られます。その中の1つベテルギウスは昨年次第に暗くなっていき「いよいよ爆発を起こすか」 と話題となりました。老年期にあたるこの星は今年になって少しずつ明るさをとりもどりましたが、いつ爆発してもおかしくないといわれています。 冬に見られるいろいろな星座、恒星や星雲についておやびんがおもしろおかしく解説をします。

特別企画 部分日食観察会(6月21日)の様子

令和元年度 流星群観察会の様子


香々地青少年の家 facebook
Googleカレンダー ※準備中