トップページ > 大分県警察本部 > メール110番について

メール110番について

印刷用ページを表示する 更新日:2015年10月23日更新

 緊急の事件事故の受付電話として「110番」がありますが、耳の不自由な人や言葉の不自由な人は「110番」を利用することが困難です。

 そのために大分県警では、このような人からの通報用に「FAX110番」を設置していましたが、インターネットや携帯電話を利用してのメールの普及に伴って「メール110番」を設置しています。

 「メール110番」は、耳や言葉の不自由な人が、外出先などで緊急の事件事故に遭遇した際に、緊急通報ができるように開設された専用電話です。

 一般の人は通常の「110番」、相談ダイヤルを利用してください。
 なお、「FAX110番」も併設されています。

 メールアドレス、FAX番号はこちらのページでご確認ください。

メール110番利用時の注意

 「メール110番」を利用される人の多くは、携帯電話からの通報が主になると思いますが、携帯電話特有の設定による不都合が生じる場合がありますのでご注意ください。

 文字数制限

 携帯電話は、各キャリアごとに文字数制限などがあります。
 長文になる場合は文字数制限により全文が送れないことがあります。

 着信拒否の設定

 一度のメールで全ての情報を伝えることは困難です。
 メールの内容で分からないところがあれば、警察から返信メールを送ることがあります。
 また、警察がメールを受信し、警察官が現場に向かう場合などにも返信メールを送る場合があります。
 この時にメール110番からのメールを着信拒否の設定にしていると、警察からの返信メールが届きません。

 メール110番からの返信メールは着信拒否などの設定を解除しておいてください。
 解除設定をしていないと警察での対応が不可能な場合があります。

前のページに戻る このページの先頭へ