トップページ > 大分県警察本部 > H30.4~H30.9街頭防犯カメラシステムの運用状況について

H30.4~H30.9街頭防犯カメラシステムの運用状況について

印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月4日更新

街頭防犯カメラシステムの運用状況(自転車盗発生状況)

  大分県警察では、自転車盗等の犯罪の未然防止を図り、公共空間における県民の安全を確保するため、県内のJR駅駐輪場6カ所に街頭防犯カメラを設置し、平成24年4月1日から運用を行っています。  

1 撮影画像の活用状況(平成30年4月から平成30年9月)                          

  撮影画像の検索は18件で、撮影画像に基づいて取調べをした結果、自転車盗犯人を1件検挙しました。

2 設置場所における自転車盗認知状況(平成30年4月から平成30年9月)

牧 駅高城駅鶴崎駅大在駅日田駅佐伯駅合 計
被害件数

  5

21

前年同期比

±0

-7

±0

+4

-4

+1

-6

かけるくん

    自転車盗難防止のために、必ず鍵を掛けてください!!

前のページに戻る このページの先頭へ