トップページ > 大分県警察本部 > 頑張って、大分のお巡りさん

頑張って、大分のお巡りさん

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

ピンキーパンキー
頑張って、大分のお巡りさん

このページでは、県警察に寄せられた礼状等を要約して紹介しています。

迷子になった小学生からのお礼の手紙

~大分中央警察署~

  迷子になった男児への対応に対して、男児本人からお礼の手紙をいただきました。

  児童は友達宅に行く途中に道に迷い帰宅が遅くなったもので、大分中央警察署員が手分けをして探した結果、事件や事故に巻き込まれずに無事に発見することができました。

お礼の手紙【原文】
  警察官のみな様へ

迷子になった時にたくさんのおまわりさんに探してもらい、ありがとうございました。

ぼくは、警察官はとても大事な時にしか動かないと思ったけど、ぼくの事でも動いてくれるんだなぁと知りました。

とてもありがとうございました。

 手紙を受け取った大分中央署員は、

     お礼の手紙をいただき恐縮しています。
     無事に見付けることができ、よかったです。
     また、今回の件で、私たち警察官ががどんな事案に対しても真摯に対応していることが子供に分かって
    もらえてうれしく思います。
     今後も一つ一つの事案に親身になって対応してきます。

と話していました。

「休日もお巡りさん」~交通事故の対応に対するお礼の手紙

~大分県警察本部 交通指導課~

休暇中の警察官が横転事故の現場に遭遇し、救助活動等を行ったことに対してお礼の手紙をいただきました。

お礼の手紙
  大分県津久見市で横転事故を起こした際、休日の帰省中にたまたま通りかかった大分県警察本部のお巡りさんが横転した車から子供を救出してくださり、その後も110番通報や、交通整理をしていただきました。

  また、津久見幹部交番の方々にも事故処理のほかに車のレッカー移動の手配等を迅速にしていただきました。

  私も子供も大きなケガもなく、感謝の気持ちをお伝えしたくて手紙を書きました。

  ご迷惑をお掛けしました。そして、本当にありがとうございました。

 手紙を受け取った警察官は、

     警察官として当たり前のことをしただけです。
     私一人だけではなく、近所の人たちも応援に駆けつけてくれて本当に助かりました。
     誰にも大きなケガがなくて本当によかったです。

と話していました。

「やさしい一言」ありがとう

~宇佐警察署~

宇佐警察署の新人警察官の声掛けに対してお礼の手紙をいただきました。

手紙の要旨
 手紙を送っていただいたのは、高齢の女性で、横断歩道を渡る際、
        車の運転者から早く渡れと急かされている
と感じ、
いつものように小走りで横断歩道を渡っていると、交差点で交通監視をしていた若い警察官から、「ゆっくり渡ってもいいですよ。」
と声を掛けられたそうです。

 その暖かみのあるやさしい一言で女性は勇気付けられ、以前より少しだけゆっくりと横断歩道を渡ることができているそうです。

 手紙の最後には、警察官の仕事に感謝している市民もたくさんいると付け加えられていました。

 女性に声を掛けた警察官は、宇佐警察署に配属されたばかりの新人警察官で、その日が初めての当直勤務だったそうです。  
 手紙を受け取った新人警察官は、
     まだまだ半人前の私ですが、私の一言が女性を勇気付けたのであれば嬉しいです。
     手紙をいただき、これからの仕事の励みになりました。市民の安全・安心のために頑張ります。
と話していました。  

御遺族からの感謝の手紙

~佐伯警察署~

佐伯警察署の刑事当直員が対応した死亡事案につき、その対応に感謝の手紙をいただきました。

手紙の要旨
 夫が亡くなった際には佐伯警察署の皆様には大変お世話になりました。

 通夜の日には遠いところまで夫の遺品を届けてくださった上、お心遣いを賜り、御焼香をあげていただきありがとうございました。

 突然の夫の死にどうしてよいのか分からない私に、警察官の方は私が話しやすいように配慮してくださったことで、少し落ち着くことができました。

 そして、目を真っ赤にして捜査の結果を私に伝えてくださったことをよく憶えています。
 残された私たち家族の事を思って目を赤くしてくださったのではないかと思います。
 そのお気持ちがうれしかったです。

 警察官のお仕事は激務と聞きます。
 どうかお身体にお気をつけください。

 手紙を受け取った佐伯署員は、
    このような手紙をいただいた事は仕事の大きな励みになります。
   今後も御遺族の不安や負担が少しでも軽くなるよう、きめ細かな対応を心掛け、職務に取り組んでいきます。
と話していました。 

小さな命 ありがとう(お礼のメール)

~大分東警察署~

                大分東警察署の地域課員(交番)の対応にお礼のメールをいただきました。  

メールの要旨
 自宅前の水路に子猫が落ちて鳴いていました。自分たちで助けようとしましたが子猫は逃げ回り保護できませんでした。

 110番で所轄の警察署と電話番号を教えてもらい、大分東警察署に電話をしました。
 直ぐに二人の警察官の方が来てくださり、子猫を保護してくれました。
 子猫は動物病院に連れていき、我が家で飼うことにしました。

 「たかが猫!」と取り合ってもらえないかもと思っていましたが、おかげで「小さな命」を救うことができました。
 本当にありがとうございました!

  メールを受け取った大分東警察署員は、       
    「当たり前のことをしただけなのですが、わざわざメールをしていただいてありがとうございます。
   仕事の励みになります。
    これからも一つ一つの事案に丁寧に対応していきます。」
と話していました。
 

人命救助に対する感謝の手紙

~機動隊~

出張先の福岡県に向かう特急電車内において、車内で体調を崩した女性に
対し救護措置を行った機動隊員が、ご本人からお礼の手紙をいただきました。

     手紙の要旨
 特急ソニックの車内で皆様に助けていただいた者です。
 その節は本当にありがとうございました。幸い命に係るものではなく、元気に過ごしております。

 あの時は記憶はほとんどありませんが、もうろうとした意識の中で皆様の呼びかけ、励ましは感じていました。

 大雪で足元の悪い中、(救急車まで搬送する際に)洋服、靴を濡らし助けていただいたことを感謝しています。

 ありがとございました。

 手紙を受け取った機動隊員は、
    「女性が元気に生活していることを知り、うれしく思います。警察官として当然のことをしただけなので、
   手紙をいただいて恐縮しています。
    今回のことで日頃の訓練の大切さを再認識しました。今後も人々の役に立てるよう各種訓練に励みます。」
と話していました。

交通事故対応に対するお礼のメール

~大分南警察署~

福岡県居住の男性から交通事故の対応に対すお礼のメールをいただきました。

                            メール本文(要旨)

 大分県の「やまなみハイウェイ」で交通事故を起こし、大分南警察署の湯布院幹部交番のおまわりさんに事故処理をしていただきました。

 交通事故は、私の家内の運転するバイクと、対向車線をはみ出してきた車との正面衝突でした。

 事故のショックを受けた家内と私に対する暖かいフォロー、調書作成時も家内の怪我の回復具合などを気遣っていただきました。

 事故の発生から後処理までの間、気遣いと、暖かい対応に夫婦ともに大変感謝しております。

 ありがとうございました。

  メールを受け取った大分南警察署員は、

    「メールをいただき恐縮しています。これからも一つ一つの仕事を大切にしていきたいと思います。

    わざわざメールをしていただきありがとうございます。」

と話していました。

 

伊勢志摩サミット警備に対するお礼のメール

 平成28年5月開催の伊勢志摩サミット警備に対するお礼のメールをいただきました。

                            メール本文(要旨)

 私は近畿日本鉄道松坂駅で勤務している者ですが、サミットで警備をしていただいた方々に大変感謝をしています。 

 特に東警察署の方は明るく元気に仕事をされていました。

 警備の仕事は堅くなりがちで、雰囲気も暗くなってしまうと思いますが、駅を利用するお客様にも元気に対応されていました。

 見ていて気持ちよかったです。

 大分にお帰りになられたらよろしくお伝えください。

 震災でお忙しい中、本当にありがとうございました。感謝しています。                     

                                              50歳代 男性

 

 伊勢志摩サミット開催にあたり、三重県の警備をしていただきありがとうございました。

 地震の後で大変な中、三重県まで来ていただき感謝の思いでいっぱいです。

 皆様がいてくださったからこそ、安心して通勤できました。

 本当にありがとうございました。

 そして、お疲れさまでございました。
                                             年齢不詳 女性

 近鉄四日市駅の改札前でサミットの警備に来ていた大分県警の男性警察官が、駅利用者の一人一人に、

    「おはようございます!いってらっしゃい!」

 と大きな声で声掛けをしていました。

 その日の夜(23:00)、仕事の帰りに駅の改札を出ると朝の警察官に、

    「こんばんは!お帰りなさい!」

 と声を掛けられました。

 警備に来ている警察官は、無表情で威圧感をだして物々しい感じがするのですが、その警察官は、通学路を見守るお巡りさんのような感じで、非常に感じが良かったです。

 遠いところからの応援警備、そして、朝早くから夜遅くまでの警備、ご苦労様でした。

                                            30歳代 男性

 

 いろんな県の警察官が三重にはるばる来てくれて、治安もよくなり、会うと気軽に声を掛けてもらいました。

 サミットの成功は警察あってのことだと実感しました。

 地元の人と、「みんなが帰ってしまうと寂しいね。」と話しています。

 嫌な役目や嫌われ役になるばかりなのに、それが当たり前になり、感謝することを忘れていた気がします。

 今回のことでも一言もお礼が言えず、こんなかたちですみません。

 本当にありがとうございました。

 地元に帰るまで気を付けて。

                                              30歳代 男性

交通事故渋滞の対応に対するお礼の電話

~大分中央警察署~

 平成27年11月に大分市内で発生した交通事故による大渋滞に対応した大分中央警察署にお礼の電話をいただきました。 

 大分市の大道トンネルの近くで交通事故があり、道路が渋滞していました。

 当初、なぜ渋滞しているのか分からずにどうすることもできずにいました。

 ところが、反対車線をパトカーがゆっくりとしたスピードで走ってきて、

  「現在、交通事故が発生し、非常に渋滞しています。事故を起こした車が動かず、時間がかかっています。迂回できる方は、       迂回してください。」

と広報してくれました。

 パトカーは2台で、何度も繰り返し広報をしてくれたことから、イライラもせず、あきらめてゆっくりと待つことができました。

 パトカーの広報のおかげで迂回する車もありました。

 会社の同僚にこの話をしたところ、その場を通った同僚も私と同じ感想を抱いていたようです。

 警察に寄せられる電話等はクレームのようなものが多いと思いますが、パトカーの警察官に感謝の電話があったことを伝えていただき、今後の励みにしていただきたいと思い電話をしました。

  大分中央警察署の警察官は、

    「思いもよらぬ電話をいただきました。ありがとうございます。

    これからも県民の皆さんの期待に応える仕事をしていきたいと思います。」

と決意を新たにしていました。

声かけ事案解決に対する小学生からのお礼のDVD

 ~中津警察署~

 平成27年6月、連続発生した声かけ事案を解決した中津警察署に小学生からお礼のDVDが送られてきました。

DVDには、

 「中津警察署の生活安全課の皆さん、そして、今回の不審者事件で力を尽くしてくれた警察官の皆さん、本当にありがとうございました。

 ひとまず、安心して登下校することができました。

 私たちは、「不審者にあわないこと」「不審者にあった時に気をつけること」を皆で話し合いました。」

と小学生からのお礼の言葉と、話し合いをしている様子が録画されていました。

 中津警察署生活安全課の警察官は、

「事件を解決したことで子供たちが喜び、また、不審者について真剣に考える機会ができてよかったと思います。

これからも頑張っていきたいです。

と決意を新たにしていました。

 

交通事故関係者からのお礼のメール

~大分東警察署~

 平成27年11月、駐車場内での交通事故処理に対してお礼のメールをいただきました。

 何かとお忙しい中、とてもスムーズに丁寧に処理をしていただきまして大変ありがたく、何かの機会に、

    「警察の皆さん!市民の暮らしを守るため日々ご苦労様です!」

と感謝を述べさせていただきたいと思っておりました。

・・・(中略)・・・

 「一市民」からですが、これからも地域の治安維持活動をよろしくお願いします。

 ありがとう、そしてお疲れ様でした。

 交通事故を担当した大分東警察署の警察官は、

「ありがたいメールをいただきました。これからも迅速、丁寧な処理に心がけます。

と話していました。   

 

 窃盗被害に遭われた方からのお礼の手紙

~日田警察署~

  平成27年4月、窃盗事件の被害者の方から、捜査員にお礼の手紙をいただきました。

 早朝にもかかわらず、熱心に捜査をしていただいてありがとうございます。

 職務とはいえ、捜査の様子を見て感動しました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 犯人が捕まったことで鈍感な私ですが安心して夜が過ごせます。

  ・・・(中略)・・・

 どうしても感謝の気持ちが伝えたくてペンをとりました。近くにおいでの際は立ち寄ってください。お待ちしております。

 捜査に従事した警察官は、

「当然の対応をしたまでです。地域の方が安心して暮らせるように、これからも職務に励みます。」      

と話していました。

  

交通違反者の家族からのお礼の手紙

~交通機動隊~

  平成27年3月、交通違反関係者の家族から警察官の対応に対して感謝の手紙をいただきました。

 このたびは、息子が軽率な行動をとり、誠に申し訳ありませんでした。

 息子がフワフワした気持ちのままでいたらバイクで大事故を起こしていたかもしれず、取り締まっていただいたことを深く感謝しています。

 ・・・(中略)・・・

 また、息子を厳しく叱ってくれたこと、私にも息子にも温かく接してくれたことに何とお礼を申し上げたらよいのかわかりません。本当にありがとうございました。

 関わっていただいた皆さんにどうぞよろしくお伝えください。

 この事案の対応に当たった警察官は、

「お礼状をいただいて恐縮しています。これからも市民目線に立った活動で交通事故防止に取り組んでいきます。」      

と話しています。

 警察官の職務に対し本部長宛に感謝の手紙

~大分中央警察署~

 平成26年8月、大分市明野での警察官の職務に感激された男性から、警察本部長宛に感謝の手紙をいただきました。

平成26年8月夜、私方マンション前路上で犬がバイクにはねられる事故があり、若い警察官が積極的に事故対応をしてくれました。

・・・(中略)・・・

110番通報すると、まもなく若い警察官2名が来てくれました。

2人は事情聴取して逃げたバイクを割り出し、犬の飼い主も分かって、一件落着となったわけです。

若い警察官がキチッと現場を取り仕切り、傍観者(野次馬?)を協力者に仕立てて通常状態に戻してくれたのです。

・・・(中略)・・・

現場をキチッとまとめた若い警察官2人に驚嘆するとともに、すがすがしい動きに感激さえ覚えました。

 この事案の対応に当たった警察官は

「当然の職務を行ったものです。これからもひとつひとつの仕事に全力で取り組みます。」      

と話しています。

「振り込め詐欺」被害者からの感謝の手紙

~捜査第二課・日田警察署~

 平成26年4月、大阪府内に住む「振り込め詐欺」被害者(65歳)の方から、本県警察の被害者への心遣いや、被害弁済を受けることができた事に対して感謝の手紙をいただきました。

『老後に貯えたお金を騙し取られ、心痛む日々を送り、人間不信になっていました。

・・・(中略)・・・

犯人逮捕の連絡を頂き、また大阪まで来てくださるなど、心から被害者を思いやるそのお心に

感謝の気持ちでいっぱいです。』

と感謝の言葉が綴られていました。

お礼の手紙

 捜査第二課・日田警察署は

「今後も被害者の立場で振り込め詐欺の壊滅を目指す。」

と決意を新たにしています。

  事故に対応した大分南警察署員は、

    「メールをいただき恐縮しています。これからも相手の立場に立って、丁寧に仕事をしていきたいと思います。」

と話して

いました。

ご遺体の取り扱いに感謝の礼状

~大分中央警察署~

 平成25年10月、大分中央警察署管内で一人暮らしの高齢者が亡くなられていた事案で、大分中央署刑事課の警部補の親身な対応に、県外在住の遺族からお礼の手紙を頂きました。

 先日、大分市○○で亡くなった遺族のものですが、その節は、○○刑事様には大変お世話になりました。

 ○○刑事様には親身になりお世話いただきました。

 何もわからない私共は不安だらけでしたが何事もスムーズに事が運びまことに感謝致しております。

 ○○刑事様の心配りがうれしくて、いくら言葉を重ねても足りないくらいに感謝です。

tegami

 担当した警部補は、

「私は、当たり前の事を当たり前に行っただけです。今後も、顔に似合わず親身になって、親切な対応をしていきたいと思います。」

と話しています。

早朝指導での暖かいプレゼント

~竹田警察署・白丹駐在所~

 平成26年1月、早朝指導中の白丹駐在所員に、若い女性から「使い捨てカイロ」を頂きました。

 白丹駐在所員は平日の早朝、白丹小学校と久住中学校前で児童生徒の安全確保と通行車両への交通事故防止を呼びかけています。

 当初は遠慮がちだった生徒達も毎日元気よくあいさつを交わしてくれ、また通行する車両も、速度を落とし、窓を開けあいさつをしてくれるようになりました。

 白丹駐在所員は、

「カイロを頂いた女性は、名前は分からないが、毎日同じ時間に通り頭を下げてくれる人です。とてもうれしく思いました。これからも管内の安全のため継続していきます。」

と述べています。

警察官とパトカー

前のページに戻る このページの先頭へ